みきクリニック

 天王寺区空清町、清水谷公園グラウンドの前に「みきクリニック」が8月18日開院しました。  

 山口美樹院長は平成12年に近畿大学医学部を卒業後、虎の門病院や近畿大学医学部附属病院などで勤務医を務め、同23年に独立開院。今年(同26年)8月、清水谷公園の前に引っ越しされてきました。8月16日の内覧会で山口院長にお話をうかがいました。

 

山口美樹院長
山口美樹院長

1階は自転車置き場。右奥のエレベーター(写真右)で、診察室のある2階へ上がる。


エレベーターで上がると、すぐ受付。写真左の男性が夫君の山口太郎さん


「大好きな空清町で開院、不思議な縁を感じています」

1歳になる娘を産んだときは空清町に住んでいました。往診で大阪市内市外をぐるぐるまわっている中で、天王寺区のこのあたりがとても気にいったので引っ越してきたんです。環境的にも学校が多く、安心できるイメージでしたし、それにおいしいお店も多そうで、ここで住みたいと思って。子どもを産んでからは別の場所に引っ越すことになったのですが、大好きな空清町で開院でき、本当にうれしく思います。

 

「糖尿病ゼロを空清町から始めます」

「みきクリニック」は、熱が出た・おなかが痛いなど、日常の体調不良はもちろんのこと、食道や胃・大腸・肝臓・膵臓など消化器全般を診察します。

さらに、予備軍が増えているといわれている糖尿病にも力を入れ、糖尿病内科で食事療法や運動療法の指導を行っていきます。町のクリニックでは珍しいと思うのですが、当面は月に1回、来春からは毎週1回、糖尿病専門医の中野厚生医師に来てもらい、専門性の高いインシュリン治療も行います。

開院するにあたって私が目標としているのは、空清町から糖尿病をなくすこと専門医の中野医師も私の思いに賛同してくれ、力を合わせ“空清町糖尿病撲滅運動”に邁進していきます。この目標を達成したら、次は空堀町、その次は清水谷町とエリアをどんどん広げていき、ゆくゆくは、みきクリニックのまわりには糖尿病はないと言われるまでにしたいと思っています。

 もうひとつ、娘をもって小児科の必要性をしみじみと感じました。それで、2診の診察室には小児科専門医を置いて、こどもたちのための専門的な診療を行うことにしました

内覧会でもとりわけ小児科への関心が高いように感じられました。すぐ近くに小児科があるだけで安心できます。診療は9月1日からのスタートです。身近な相談ステーションとしてもご活用ください。

 


写真左は山口院長が診察する診察室1。右は診察室2の小児科。

 

「どこで診てもらえばいいかわからない、そんな方こそ当院へ」

 女医ということもあって、女性の患者さんをこれまでもたくさん診てきました。「なんとなく身体がだるい」「微熱が続く」「しんどいのが抜けない」といった症状を訴える方が結構多いですね。その症状が疾患から来る場合もありますし、精神的な場合もあります。まずはじっくりお話を聞き、身体を診察します。必要ならば病院に紹介状を書きますし、また漢方薬の治療を提案することもあります。患者さまとご相談しながら、最善の治療を進めていきます。

「いったい何科に行って診てもらえばいいのかわからない」、そういうときにはぜひ当院に来てください。女性に限らず、男性の方もぜひ!


「小児科から在宅療養の訪問診療まで、家族三世代のかかりつけ医めざし」

外来と並んで、もうひとつの大きな柱が在宅診療です。当院は在宅療養支援診療所の認可を受けたクリニックです。通院できない患者さんのお宅に伺い診察をします。地域の訪問看護ステーションと連携し、在宅での看取りや、慢性疾患の療養を支え、定期的な訪問に加え、36524時間体制で緊急の臨時往診も行います。

昨今、入院してもすぐに退院を迫られますし、家族を在宅介護する方向で話が進められます。「在宅療養支援」という言葉は今は聞きなれないかもしれませんが、今後身近な言葉になっていくはずです。病院を退院したあと、自宅でどう療養していくか、お困りのときには気軽にご相談ください。

実は、娘を出産して間もなく訪問診療を再開しました。皆さん驚かれましたが、私を待ってくださっている患者さんがいる、その期待に応えたい一心で、突き進んできました。「元気になりました」「先生が来るのを待っていたんですよ」の皆さんのお声に、むしろ私のほうがパワーをもらっているといえるかもしれません。

 

「みきクリニック」は赤ちゃんからシニアまで、ご家族三世代のホームドクターをめざします。空清町でこれからずっと地域の皆さんに貢献していく所存です。末永くおつきあいお願いいたします。

 


写真左は処置室。2つある機械の左は超音波、右は心電図。右はレントゲン室。

 

 山口院長は中学生のときに小説を読んで、医者という職業にあこがれたそう。お医者さまとは全く縁のない、普通の家庭で育ち、夢を叶えられました。

 キャリア15年。しかし、話しぶりに愛らしさ優しさがあり、どんな質問にも丁寧に答えてくださいました。美樹先生と下のお名前で呼びたいような親しみを感じ、好印象です。

 夫君の太郎さんは育児に協力的なイクメン。そのうえ、クリニックの事務長を務め、公私ともに奥様を支えています。

「医師として頑張れるのはひとえに夫の協力があるからです」と院長。ちょっとおのろけのように聞こえました(笑)。

「地域のために頑張りたい」、そのひたむきな言葉に期待します。


2014816

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

 

大阪市天王寺区空清町5-18MRTビル2階

TEL06-6711-0761

診療科目内科・小児科・消化器内科・糖尿病内科・漢方診療や在宅往診も

午前診 月曜~土曜9:001200

午後診 月・火・水・金曜16:001900

小児科健診、予防接種(完全予約制)月曜~土曜12001230 

休診 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日


関連記事

真田山歯科 2014年12月開院

湯口脳神経外科・脊髄外科 2014年10月開院

宋こどものこころ醫院 2013年8月開院

 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。