信州上田PRショップ「よってけ屋!」

玉造に上田市が1カ月間だけPRショップ

「上田は真田幸村のふるさと」、興味を高め観光誘致

10月11日12日九度山と大阪城でイベントを
10月11日12日九度山と大阪城でイベントを

上田の名産品をバックにした財津伸彦さん


 

長野県上田市が玉造日之出通商店街に104日から1カ月、「よってけ屋!」と名付けたアンテナショップを出している。

「店に入って来られたお客さんから『信州上田のお店がなんで(なぜ)ここにあるの?』とよく聞かれます」と財津伸彦さん。上田市役所商工観光課から派遣された、勤続2年目の若手職員さんだ。

 

「上田市は観光が主要産業。市のキャッチフレーズは“真田幸村の故郷”“真田三代の郷”です」

現上田市真田町を本拠に、天下にその名をとどろかせた真田一族。真田の基礎を築いた幸隆、上田城を築き、徳川からの攻撃を守り抜いた昌幸、そして「大坂の陣」で日本一の兵と名をあげた幸村。信州上田は真田三代のホームグランドだ。それを前面に打ち出し、観光誘致に力を入れている。

とりわけ、真田一族と関係ある市町村に働きかけ、上田へ来てもらおうと、これまでも熱心にアピールしてきた。

今年は「大坂冬の陣」から400年。さらに、再来年のNHK大河ドラマが「真田丸」と決定。これを追い風に、上田市は1011日・12日、九度山と大阪城で大きなイベントを行うことにした。併せて、「天王寺 真田幸村博」が行われる玉造で約1カ月PRショップを出すと決めたのだ。

関西の皆さんに、信州上田が真田一族のふるさとであることを知っていただき、上田市に興味を持っていただくためです」と財津さん。

 

物産と観光案内で上田を強力にPR

10月20日から大売出しも開催

 玉造の店では、真田六文銭グッズと、上田市の名産名物を販売している。

財津さんにおすすめ商品を尋ねてみた(価格は税込み)。

 真田グッズ売れ筋ベスト3は、①六文銭タオル880円 ②幸村和手拭(てぬぐい)520円 ③六文銭箸430円。

 ほかにも、Tシャツや財布、トートバッグ、風呂敷、お茶、ドーナツなどいろいろ揃う。

六文銭タオル
六文銭タオル
幸村和手拭
幸村和手拭
六文銭箸
六文銭箸

一方、上田市の名産名物ベスト3は、①美味(おい)だれ480円 ②リンゴ(この日は秋映という品種3Lサイズ)150円 ③みすゞ飴450円。

「上田はリンゴの産地。旬の品種を現地から取り寄せ、店頭で販売しています。また、百年前に上田で生まれた手作りゼリー菓子“みすゞ飴”は信州土産の代表格です。そして、焼き鳥のたれとして人気になり、今やご当地グルメになったのが美味だれ。いずれも、玉造にいながら、上田を感じていただける商品ばかりです」とにっこり。

 野沢菜や山芋入りそば、くるみドレッシング、リンゴジュースなども並んでいる。

販売中の美味だれは巨峰入り
販売中の美味だれは巨峰入り
店頭でリンゴを販売中
店頭でリンゴを販売中
果物ゼリー「みすゞ飴」
果物ゼリー「みすゞ飴」

 来年3月、北陸新幹線の長野~金沢が開業します。関西からですと、サンダーバードで金沢まで行き、北陸新幹線に乗り換え上田へと、新しいルートでも来ていただけます。桜の頃なら上田城跡公園へぜひ。また、上田市内から車を30分走らせれば、真田一族発祥の地・真田町です。歴史館や屋敷跡、菩提寺など、約1時間の散策で見どころが巡れます。それと、幸村の隠し湯がある別所温泉もおすすめです」

 店の一角には、上田の観光カタログが10種類近く並べられ、そのそばには丸テーブルとイスが。旅の予習がここでできる。

 

1020日(月)~111日(土)秋の特別大売出しを行います。お得な商品や景品を多数用意していますので、お立ち寄りください」。財津さんの声に力がこもった。

 

【期間】104日(土)~113日(月・祝)10:001800/日曜・水曜休み。但し、105日と19日は営業

【場所】天王寺区玉造元町5-1(玉造日之出通商店街「三勝生花店」の隣。化粧品専門店「てらだ」がかつてあった場所。店の入り口にはその面影が残る)

【問い合わせ】TEL0268-23-5408(内線1422)上田市商工観光課

 

大阪から信州上田へ行くには…


2014107

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/All Rights Reserved

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。