八百屋「菜々や」

玉造日之出通商店街に新しい八百屋さんオープン

旬の野菜と果物を“地域一番の満足価格”で

左から鎌田社長、古川店長、宮本さん
左から鎌田社長、古川店長、宮本さん

 玉造日之出通商店街に新しい八百屋さん「菜々や」がオープン。旧モリモト薬局の跡には今、トマトやイチゴなど、旬の野菜と果物が並びます。袋がはちきれそうに詰められたピーマン12個が200円、トマト10個が100円、きゅうり5100円…、お客さんの口から「やっす~」の声が。新鮮な野菜を“地域一番の満足価格”で提供するのが「菜々や」のモットーです。

 仕入れを担当するのは「菜々や」の社長、鎌田浩幸さん。中央卸売市場と堺にある大阪南部合同青果卸売市場で買い付けています。「卸売市場は時間帯によって、また買い手によって、値段が違ってくる。1日3回、ときには5回市場に出かけ仕入れているので、野菜も果物も安く販売できるんだ」。店頭販売のほか、ホテルやレストランにも卸売りしているそうです。

 「菜々や」は15年前、露店の八百屋としてスタート。なかなか買いに来てくれないお客さんを射止めるため、鎌田さんは商品の並べ方や説明の仕方、仕入れの方法など、あらゆることを工夫。56年経ったときには無茶苦茶売れる露店になっていたそう。「売り方はこのとき覚えた。地べたの露店でこれだけ売れるんだから、店をやればもっと売れると思った」。粉浜商店街と空堀商店街に出店、そして今回、玉造日之出通商店街に3店舗目を開業しました。店頭を露店のようにしつらえ、さまざまな種類の野菜や果物を並べ、通行人にアピールしています。

 しかし、玉造駅周辺は八百屋の激戦地。JR玉造駅前や商店街入口に、またイズミヤ近くにも、さらに近商とイズミヤの青果売場を入れれば、ざっと6軒。よくまぁ、ここに店を出す気になりましたねぇ…。笑顔を見せながら「他のお店のことはあまり気にしていないから。とにかく、この1年で常連さんをたくさん作りたい」と語ります。


 店長の古川真也さんは「玉造の皆さんに愛される八百屋をめざします」と高らかに宣言。1年目の新人、古川さんの成長とともに「菜々や」もきっと大きくなっていくはず。

                               (2013528日取材)

   Copyright(C)2013 copyrights.tama-tsukuri.info/All Rights Reserved 

 

お買い得感 ☆☆☆☆☆   買いやすさ ☆☆☆☆☆   成長物語☆☆☆☆☆  

大阪市天王寺区玉造元町3-17(JR玉造駅から徒歩4分、玉造日之出商店街の真ん中あたり) TEL090-8208-4027 /10:00~19:00、日曜祝日休み。

 

菜々やさんの玉造でのお気に入り

● 「力餅」の“中華そば”(ちぢれ麺で懐かしい味と宮本さん) ●菜々やの前にある「マイタ屋」(たこ焼が信じられんぐらい安くて、1個ずつにタコがきちんと入っていると鎌田社長。お好み焼きがふんわりとしておいしいと宮本さん)  ● 隣にある中華洋食「たばこや」の“麻婆ラーメン”(うま辛と古川さん)

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。