駅中(えきなか)ファーム 

最新情報 2014年秋から休業

 5月にオープンしたときには、産地と直結した商品を提供したいというコメントをもらったが、個性を出し切れないまま、11月には休業に入った。生産者の声を商品POPでアピールしたり、店の前を歩いている人に対して試食を積極的に行ったり、産地直結の色をもっと出してほしかった。

 イズミヤの野菜売場では奈良野菜が産地直送で並べられている。安くて新鮮なので、地道にファンを増やしている。このことから考えて、「駅中ファーム」にも再起の道はあるはずだ。



店頭にはお買い得商品が並ぶ
店頭にはお買い得商品が並ぶ

左)オープンチラシ。スタッフ全員を紹介するなどフレンドリーな内容。お話を聞いた国見さんも左端に顔を見せている。


ハンサムな「えいご」は、この方、木下さんのこと
ハンサムな「えいご」は、この方、木下さんのこと
一番奥のフルーツの棚
一番奥のフルーツの棚

上)「産地直送のため、2~3日後が食べごろ」と書かれている


JR玉造駅構内に5月13日「駅中(えきなか)ファーム」がオープンした

各地の生産者と直結した店をめざしています」。そう話すのは国見仁さん。数十年にわたり、全国の産地を訪ね歩き、野菜と果物の見極めをしてきたベテランの目利き。

国見さんは「生産地から届いたばかりの鮮度のいいものを、食べごろを大事にして提供したい。産地の生産者と一緒になって、旬の野菜と果物の本当のおいしさを皆さんに知ってもらいたいんです」と話す。

めざすは、生産者の顔が見えるような店づくり。産地の人に自分の作った商品が「駅中ファーム 玉造駅前店」に並んでいるのを見てもらい、お客さんには作った人に出会ってもらいたい。生産者に喜びを、消費者に安心を、そんな役割を「駅中ファーム」は志す。

「もうひとつ、ここに並んでいる商品は、産地の協力のおかげで、お値段は割安です

店頭の黒板には、白ねぎ50円・アスパラ50円・レタス50円…など、キラキラ輝く“今日の特価”が。

 

販売チーフを務める木下瑛五さんによれば、店内には100種類を超える野菜・果物、それにお米が並べられている。中には石垣島の特産ピーチパインといった珍しい果物も。「ご要望に応じてできるだけのお手伝いをさせていただきます。たとえばパイナップルなら、頭の部分を取り、2つ割りしてお渡しできます。スタッフに気軽に声をかけてご相談ください」とにこやかに話す。

 

八百屋の野菜バイキング、中身も内容も値段にも自信あり!

 

 実はこの店には、大きな隠し玉がある。新鮮野菜バイキングだ。ショーケースには、ナスとルッコラ、キノコミックス、トマトとバジリコ、ジャガイモとうすいえんどうとアスパラなど10個のトレーにさまざまな野菜が並んでいる。パック詰め放題、大パック450円、小パック300

「山盛り入れすぎて、フタがしまらなくなったら、ラップでくるんでお渡しします」と太っ腹な平井利男さん。バイキング担当のシェフである平井さんは、朝一番から、切ったり蒸したり和えたり用意し、次々売れていくのを午後から補充している。

「店頭の新鮮な野菜をいろいろ食べていただくにはこれが一番。毎日買いに来てくださる方もいるほどです」。手作りドレッシングも用意し、おいしく食べてもらえるよう力を入れる。

八百屋がこうした野菜バイキングを手がけるケースは珍しいとか。しかし、生野菜サラダはコンビニの売れ筋商品。コンビニで買うより、ここで買う方が分量も種類もはるかにお得であるのは間違いない。高齢化の時代、おひとり様には今後欠かせない存在になりそうだ。

 

 玉造は八百屋さんが多く、競争が激しい。「鮮度にも味にも値段にも自信があります。生産者の方に宣伝販売に来ていただくなど、店の独自色も出していきます」と国見さん。大いに期待したい。

 

オープン記念 50円割引チケットを

今、500円以上買い物をすると50円引きのチケットをプレゼント中だ。なくなり次第、終了する。

 

2014517日)

Copyright(C)2014copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved

 

大阪市天王寺区玉造元町1-2

Tel 06-6768-8083

営業時間 9時~20時

(JR玉造駅改札前にある「吉野家」の手前から駅を出て、すぐ左手に店の入り口がある)

 

 

 


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。