動き出した「大坂の陣400年」、 玉造に来るなら、今でしょ!

町の名前も真田山町
町の名前も真田山町
心眼寺門前の石碑
心眼寺門前の石碑
日の出通商店街 まん中あたり
日の出通商店街 まん中あたり

中村医院に貼られていたポスター
中村医院に貼られていたポスター
日の出通商店街
日の出通商店街
玉造稲荷神社「豊臣秀頼」像
玉造稲荷神社「豊臣秀頼」像

「大坂の陣400年」とは?

楽しめるイベントがいろいろ!

 

 2014年は「大坂冬の陣」から、2015年は「大坂夏の陣」からちょうど400年。この両年を「大坂の陣400年」と位置づけ、天王寺区と大阪城でさまざまなイベントが行なわれています。

 戦国時代最後の合戦といわれる「大坂の陣」。いったいどんな戦いが玉造で繰り広げられたのでしょうか。

 

大坂の陣とは?

豊臣に加勢した武将・真田幸村が活躍

 

 豊臣秀吉亡き後、豊臣・徳川両家が激突し、ついに最終決着戦が始まる。豊臣方は秀吉の息子・秀頼と、母・淀君が大坂城で援軍を集めます。駆けつけた武将のひとりが真田幸村(さなだゆきむら。幸村は通称、本名は信繁)

 幸村は防備が手薄な、大坂城の南側を守るため真田丸という出城を築きました。慶長19年(161411月、「大坂冬の陣」では真田幸村は多勢の徳川軍を相手に勝利しますが、翌年5月「大坂夏の陣」では、幸村は家康本陣に切り込み追いつめたものの、最期は討ち死にします。敵方から「真田日本一の兵(つわもの)」と讃えられ、その名を後世までとどろかせています。

 

 

玉造は真田幸村の「聖地」

幸村ゆかりの場所が集まる


 真田幸村が築いた出城・真田丸は大坂城の外側に築いた出城で、三日月形をしていたため偃月(えんげつ)城とも呼ばれています。場所を特定できる史料は残っていませんが、玉造の明星(めいせい)高校を中心にした一帯ではないかと言われています。

明星高校の裏にある心眼寺門前には「真田幸村出丸城跡」の石碑がたてられ、幸村のお墓も新たにつくられました。また、幸村が「冬の陣」のときに戦勝祈願をしたといわれている鎌八幡(かまはちまん)は明星高校の南西にあります。さらに、三光神社には真田丸と大坂城を結ぶ真田の抜け穴があります。ほかにも、幸村や「大坂の陣」ゆかりの地名や場所があちらこちらに残っています。

 商店街のキャラクターが真田幸村だったり、小学校の校章に、真田家の家紋である六文銭(ろくもんせん)が使われていたり、また、お饅頭「太閤真田山」やロールケーキ「真田山ロール」などのスイーツがあったり、玉造では幸村めぐりが楽しめます。

 真田山小学校の校章は

六文銭の中に大阪市章(みおつくし)

 

 

日の出通商店街にある「松華堂(しょうかどう)」の看板商品。左・「六文銭」(もなか150円)、中・「太閤真田山(小)」(黄身餡入り焼菓子120円)、右・「太閤真田山(大)」(大納言小豆と白餡の二重餡600円)

商店街から横丁に入ったスイーツショップ「フエット」のシェフパティシエ、田中宏平さんが手にしているのは「真田山ロール」のプレーンタイプ。(2015年9月閉店)


2016年大河ドラマは「真田丸」、幸村がフィーバーしそう

玉造は幸村が勝利した、勝ち運のある町

 

 真田幸村は数年前から売れっ子です。

戦国武将が活躍するゲーム「戦国BASARA(バサラ)」「戦国無双」では幸村がイケメンに描かれ、女性ファンが一気に拡大

また、ビッグコミックスペリオールでは幸村を主人公にした漫画「六文銭ロック」の連載がスタートしました。原作は「北斗の拳」で知られる武論尊(ぶろんそん)、作画は池上遼一。このふたりによる前作、三国志を題材にした「覇~LOAD~」は毎回予想を裏切る展開でわくわくさせ、大ヒット。黄金コンビが手がける今回の連載もフィーバーを巻き起こしそうと注目を集めています。

さらに、劇場も幸村ブーム。宝塚歌劇のミュージカル「戦国BASARA」では、幸村に扮した男役スターが、二本槍と赤い甲冑に身を固め、歌って踊ります。上川隆也が幸村を演じる舞台「真田十勇士」や、脚本の異なる「真田十勇士」が中村勘九郎ら豪華キャストで舞台化されました。

そして、2016年NHK大河ドラマは真田信繁(幸村)を主人公にした「真田丸」。ハイライトシーンの「真田丸」の戦いは、玉造が舞台なのです!

 

盛り上がること必須! 玉造へ、ぜひ! 

 

 幸村への関心がさらに高まっていくでしょう。

  歩調をあわせて、幸村の聖地、玉造への注目度もどんどん上がっていくこと間違いなし! まだ玉造を


玉造への行き方

JR大阪駅で環状線に乗り換え、外回り(京橋・鶴橋方面行き)で6つ目「玉造駅」下車。

もしくは地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」下車。


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。