「大坂の陣400年天下一祭」冬の陣2014

 2014年・2015年は大坂冬の陣(1614年)・夏の陣(1615年)から400年を迎える節目の年。これを機に、大阪の魅力を国内外に発信していこうと、大阪市・大阪府や関係団体に加え、企業を巻き込んで大阪城公園を中心に「大坂の陣400年天下一祭」が行われる。コアイベント「大坂冬の陣」が101日から1231日まで開催される。

天下一祭の特命応援隊の和田アキ子さんと片岡愛之助さん
天下一祭の特命応援隊の和田アキ子さんと片岡愛之助さん
西の丸ドーム
西の丸ドーム
極楽橋の武将ホールと侍ミュージアム
極楽橋の武将ホールと侍ミュージアム

天下一祭のロゴモニュメントが大阪城天守閣前に置かれている。大阪の「大」の字の上に武将の兜

 


 会場となる大阪城公園では西の丸庭園、極楽橋、本丸、天守閣、また太陽の広場でイベントが用意されている。

(詳しい内容はTel 06-6615-6312 天下一祭実行委員会事務局へ問い合わせを)

 

〝西の丸ドーム”でライブや落語を

 西の丸庭園に直径36メートルという巨大テント”西の丸ドーム“が出現。収容人数1000名を超える大スケール、さらに内部および外部は全天周360度の映像を投影できる構造だ。期間中の週末には人気のアーティストによるライブミュージックを開催。また文楽・寄席など日本伝統芸能や、大坂の陣をテーマにした展示などが行われる。西の丸庭園でのイベントをいくつか紹介しよう。

927日(土)・28日(日オープニング・プレイベント「大坂の陣400年音楽祭」

豪華ゲストを招いた、1万人の野外音楽イベント。

2717:00、コブクロ・flumpool・清水翔太ほか。

2816:00、倖田來未・スキマスイッチ・加藤ミリヤ・May J.ほか。

各日7,200

105日(日)大坂の陣400 桂米朝一門会~こけら落とし西の丸ドーム寄席~」

13:30開場、14:00開演。ざこば・雀三郎・吉弥・佐ん吉。3,500円。

1018日(土)・19日(日)大坂ノ陣合戦祭り」

 大坂の陣を再現し、豊臣と徳川に分かれ合戦を疑似体験する参加型模擬イベント。戦国グッズ・戦国グルメのブースも。甲冑のレンタルあり。

1811:001715 和太鼓演奏・チャンバラ合戦・甲冑武者行列と演武・野外ライブ・大阪市音楽団×和太鼓

1911:001715 殺陣パフォーマンス・大坂の陣合戦絵巻・押尾コータローミニライブ


クリックで拡大します
クリックで拡大します

111日(土)Chicago Poodle 犬(one)フェス2014 in OSAKA」

  16:15開場、1700開演。ピアノ名曲工房バンドChicago Poodleの4thアルバムリリース直後のステージ。

前売5,000円、当日5,500円。

117日(金)~16日(日)GROOVING GEAR OSAKA 2014 SAPPORO CITY JAZZ」

  毎年7月に札幌で行われる人気のジャズコンサートが大阪へ。開演時間、アーティスト、料金は日によって異なる。

1213日~来年31「大阪、光の陣2014

「天下一祭」のイベントではないが、昨年好評であった光の饗宴が今年も西の丸で行われる。大阪城天守閣に立体映像を投影する「大阪城3Dマッピング」のほか、広大なブルーの光が広がる「光のビッグブルー」、光と音楽のショー「ジュエルイルミネーションショー」、それに日本最大級のイルミネーションオブジェの登場など、華やかな光のショー。

17:302230中学生以上1,700円(2,100円)、小学生以下1,000円(1,300円)。( )は日曜・祝日と年末年始の料金。

 

極楽橋に侍ミュージアム

極楽橋エリアには戦国時代にタイムスリップできる「武将ホール& 侍ミュージアム」がオープンする。

 「武将ホール」は空中撮影した大阪城のダイナミックな3D映像が楽しめるほか、武将や忍者に着替えて変身できるコーナーや、侍・忍者ショーや音楽ライブの特別イベントも。

「侍ミュージアム」では最新テクノロジーで戦国時代の光景を体験できる。エッケンベルグ城で発見された豊臣大坂時代を描いた金屏風をモニター群で再現するほか、空間に浮かび上がる「ホログラム秀吉」など。

101日(水)~1231日(水)9:001800

 「武将ホールと侍ミュージアム」入場券 大人1,000円・中高生500円・小学生200円・小学生未満は無料


クリックで拡大します
クリックで拡大します

 

本丸広場でお茶会など

本丸広場では「天下一祭」の常設イベントを開催。

101日(水)~31日(金)おもてなし茶会」

平日5回、土・日・祝日6回(1回最大50名)。大阪城を背景に屋外でお茶を

楽しむ野点スタイルのお茶会、700円(抹茶一服とお菓子付き)。

112日(日)~3日(月・祝)「大阪城天守閣の秋まつり

2日 諏訪流放鷹(西の丸庭園)と宝蔵院流高田派槍術(本丸広場)

3日 和太鼓演奏と講談・歴史再現パフォーマンス(本丸広場)、歴史トーク(天守閣2階、要申し込み・先着30名。ト―ク観覧600円。☎06-6941-3044

天下一祭の期間中、もと大阪市立博物館がレストラン&カフェとしてオープンします。

(画像をクリックすると拡大します)


 

最新アプリで戦況を疑似体験

 天守閣8階展望台では最新のAR技術を使って「大坂の陣」の概要をリアルに学べる。

ARとはAugmented Reality、コンピューター技術で拡張された現実感を作り出す映像技術のこと。最新のAR技術のアプリを搭載した専用タブレットをかざして、展望台から街並みや風景を見ると、当時の両軍の軍勢配置がわかったり、ドラマ映像で戦況の推移や人物エピソードなどが浮かび上がり、当時の歴史が学べる。

101日(水)~1231日(水)10:001700

500円。(但し、天守閣入場料は別途必要) 

 
非公開の櫓を特別公開

 そのほか大阪城公園では、通常立ち入ることができない櫓(やぐら)が特別公開される。

101日(水)~1231日(水)の期間中に数回公開

千貫櫓・多聞櫓・一番櫓・六番櫓・金蔵の5か所の中から公開。500円(予定)

 

太陽の広場では「ご当地キャラ 天下統一大合戦」

 各地のゆるキャラが大集合する「ご当地キャラ 天下統一大合戦」が大阪城公園太陽の広場で行われる。太閤はん・真田幸丸・ひでよしくん・出世大名家康くんなどの戦国武将ゆるキャラや、甲冑・和服をまとったご当地キャラたち約100体が天下一をめぐって大合戦!

1011日(土)~13日(月・祝)10:001800(最終日は1700

大人1,000円・小学生500円・小学生以下は無料。大人1名につき小学生1名無料。3日通し券の前売2,000円。

 

PR武将隊「大坂RONIN5」結成

大坂の陣で奮闘した浪人5人衆、真田幸村・毛利勝永・長宗我部盛親・後藤又兵衛・明石掃部をキャラクターにしたPR武将隊「大坂RONIN 5がステージ出演や記念撮影でもてなしてくれる。

 

「ミュージアムウィークス2014-大坂の陣400年―」

大阪市立の博物館・美術館・動物園でも「大坂の陣」をテーマに所蔵品を公開する「ミュージアムウィークス2014-大坂の陣400年―」を開催する。

(詳細はTel064301-7285大阪市総合コールセンター、または大阪市博物館協会へ問い合わせを)

 
大阪市立美術館・博物館でも「大坂の陣」テーマに


大阪城天守閣で「浪人たちの大坂の陣」
大阪城天守閣で「浪人たちの大坂の陣」
大阪市立歴史博物館
大阪市立歴史博物館

大阪城天守閣3階4階展示室

大坂の陣400年記念特別展「浪人たちの大坂の陣」

豊臣秀頼のもとに馳せ参じ、奮戦した浪人たちの生きざまに焦点を当てる。後藤又兵衛の鎧(よろい)ほか展示。

1011日(土)~1124日(月・祝)9:001700

大人600円、中学生以下無料

大阪歴史博物館

9:301700(金曜2000まで)。火曜休館、但し923日は開館、24日休館。

大人600円、高校・大学生400円、中学生無料

    8階特集展示室…「新発見!なにわの考古学2014

平成25年に大阪文化財研究所が発掘調査した主要な成果を約170点の出土資料と写真パネルで紹介。

93日(水)~113日(月・祝)

    9階常設展示…「大坂冬の陣直前に隠し埋められたお宝」

大坂の陣戦乱から避難するときに、屋敷の住人が穴に埋め隠した唐津焼や備前焼が発掘で見つかった。戦時の慌ただしさを物語る資料を展示する。

大阪市立美術館

コレクション展「工芸 形と文様」

桃山時代から江戸時代初め、日本独自の美意識の高い工芸品が次々と作られた。大坂の陣のころの和物茶陶を紹介。9:301700、月曜休館、1013日と113日は開館。大人300円、高校・大学生200円、中学生無料。会期途中で展示場所が変わる。

    101日(水)~13日(月・祝)…陳列室で

    1028日(火)~113日(月・祝)…1階美術ホールで

大阪市立東洋陶磁美術館1階エントランス

「黄金時代の茶道具 17世紀の唐物」

来年開催の特別展「黄金時代の茶道具 17世紀の唐物」の名品をパネルで先行紹介。

101日(水)~113日(月・祝)9:301700、月曜休館、但し、113日は開館、4日休館。

大人500円、高校・大学生300円、中学生無料

大阪市立科学館3階展示場

「慶長小判」

大坂の陣を前後して慶長6年~元禄8年(16011695)、広く流通した小判を紹介。

101日(水)~113日(月・祝)9:301700、月曜休館、但し、1013日と113日は開館、1014日休館。

大人400円、高校・大学生300円、中学生無料

大阪自然史博物館ナウマンホール入口付近

「自然史から見た大坂の陣」

豊臣期大坂城の築城には多くの石材が集められた。2014年発掘された大坂城詰ノ丸石垣を中心に、石垣に使われた石材の種類と産地を自然史の観点からパネルで紹介。

101日(水)~113日(月・祝)9:30170011月からは1630

大人300円、高校・大学生200円、中学生無料

 

大阪図書館フェスティバル

図書館電子書籍活用術~大坂の陣編~

紙の本と電子書籍の両方から大坂の陣に迫ってみようという企画。大坂の陣を題材に図書館の活用方法や電子書籍サービスの使い方を学ぶ。

【日時】1026日(日)14:001530(開場1330

【場所】大阪市立図書館5階中会議室(地下鉄西長堀駅)

【参加費】無料

【申し込み】定員60名。当日先着順

【問い合わせ】Tel06-6539-3300

郷土史講演会「平野郷と大坂の陣」

平野郷と大坂の陣との関わりについて、今も残る史跡を取り上げ、郷土史家の阪井明さんが話をする。

【日時】111日(土)13:301530

【場所】平野図書館2階多目的室(JR大和路線加美駅)

【参加費】無料

【申し込み】定員50名。当日先着順

【問い合わせ】Tel06-6793-0881

冬の陣・夏の陣を読み解く~大坂城と真田幸村~

ボランティアクラブ会長の松村基さんが大坂の陣と真田幸村との関わりを「おもしろおかしく」話す。

【日時】1129日(土)14:001530

【場所】天王寺図書館2階集会室(地下鉄谷町九丁目駅または大阪上本町駅)

【参加費】無料

【申し込み】定員40名。当日先着順

【問い合わせ】Tel06-6771-2840

九度山で大坂の陣フォーラム&ウォーク開催

 

「天下一祭」参加事業のひとつとして、真田幸村が蟄居していた紀州・高野山のふもと、九度山(くどやま)で大坂の陣400年イベント「九度山歴史フォーラム&ウォーク」が1011日土曜に開かれる。講演と講談、歌とトークライブのほか、九度山の特産品や幸村ゆかりの商品を販売する「楽市楽座」など、にぎわいそうだ。

九度山歴史フォーラム

「幸村、いざ大坂城へ出陣!」のタイトルで行われる

【日時】1011日(土)12:3015301200開場)

【場所】九度山町ふるさとセンター5階ホール(九度山駅から徒歩5分)

【プログラム】講演「真田幸村の生き方」大阪城天守閣館長の北川央さん▼講談「真田丸の戦い」講談師の旭堂南陵さん▼歌とトークライブ 北川央さん、旭堂南陵さん、元OSK日本歌劇団の桜花昇ぼるさん

【参加費】2,000円(税込)

【申し込み】定員300名。参加するには事前に申し込みが必要。ハガキもしくはFAX929日までに。

【問い合わせ】Tel06-6633-9087 (平日10:001800受付)

 

九度山・歴史ウォーク

15キロのスペシャルコース

5キロのファミリーコース

慈尊院や丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社、高野山町石道の世界遺産や、真田庵、真田の抜穴などが組み込まれている。ウォーク到着後は随時解散。

【受付】1011日(土)9:451100

【場所】スタートとゴール会場は九度山町役場

【スケジュール】1000出発式のあと、2コース同時に出発。1530ゴール付近で真田幸村公「出陣の儀」。1600完全終了。

【参加費】800円、小学生以下は無料。当日払い

【申し込み】事前申し込みが必要。メール、ハガキもしくはFAX

【問い合わせ】ウォーク事務局Tel06-4707-0330(平日11:001900受付)。

【九度山への行き方】難波駅から南海電車高野線の急行で橋本駅へ。各停に乗り換え九度山駅下車。特急は九度山に停車する。乗車時間は難波駅から1時間~1時間半。

九度山チラシ①.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 5.0 MB
九度山チラシ②.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.5 MB

歴史ウォークの受付時間が9時45分から、出発式が10時に変更されました。



2014925日取材

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/All Rights Reserved 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。