大阪城天守閣「大坂の陣」幕開けに迎春イベント

「大坂の陣読本」その裏面
無料配布される「大坂の陣読本」片面
2日・3日行われる「陣触れセレモニー」
2日・3日行われる「陣触れセレモニー」

 

新年2014年は「大坂冬の陣」から400年。大阪城では「大坂の陣」に因んだ展示やイベントが数多く予定されている。その幕開けに正月三が日、大阪城天守閣では「大坂の陣」に因んだドラマ仕立ての劇や「大坂の陣400年記念ステッカー」のプレゼントなどを予定している。

 

1月1(水・祝)

臨時開館、来館者の先着1万名に「大坂の陣400年記念ステッカー」を無料で配布する。

但し、天守閣の入館料は必要。大人600円。中学生以下と65歳以上は無料(身分証明書が必要)。館内4階常設展では「大坂の陣への道」を開催中だ。お正月なら空気も澄んで、最上階の展望台からの見晴らしも最高のはず。

 

1月2日(木)・3日(金)

天守閣前の本丸広場で「迎春イベント」が行われる。観覧・体験などは無料。詳細は以下のとおり。

 

大阪ではかつてお正月には家々をめぐって門付芸(かどづけげい)と呼ばれる、さまざまな大道芸が行われていた。そのひとつ、「ちょろけん」が今回登場。江戸時代後期に流行した大道芸で、大きな張り子を頭にかぶり、笑わせ楽しませる。

「ちょろけん」登場…2日・3日各日①10時半~ ②14時~

 

大坂の陣400年の幕開けを宣言する「陣触れセレモニー」。役者たちがドラマ仕立てで歴史を再現する。時は慶長19年、風雲急を告げる。豊臣恩顧の武将や浪人たちが大坂城に次々と入城してくる。大変だぁ!

また瓦版売りも登場し、天守閣オリジナル制作の「大坂の陣読本」を各回50部限定で無料配布する。この読本、「大坂の陣」を易しく解説する一方、激戦地おさんぽマップも付いて、楽しめる内容。

「陣触れセレモニー」…2日・3日各日①11時~ ②13時~

 

 「よう来たのう」「さぁ、遠慮のう」。太閤秀吉と正室ねねさまが甘酒(ノンアルコール)をふるまってくれる。先着1000名に無料で。なくなり次第終了。

「ふるまい酒(甘酒)」…2日・3日各日12時~ 

 

 昔懐かしい羽根つき。お正月らしさ全開で羽根つき体験はいかが。

「羽根つき体験」…2日・3日各日①12時半~ ②14時半~

 

大阪城で初詣

お正月に大阪城へ行くなら、初詣は「豊國(ほうこく)神社」へ。豊臣秀吉・秀頼・秀長を祀る同神社は出世開運の神様で知られる。

 

 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。