真田丸と真田信繁(幸村)

玉造は真田幸村の「聖地」

NHK大河ドラマ「真田丸」放映、玉造へぜひ!

2016年のNHK大河ドラマは真田信繁(幸村)を主人公にした「真田丸」。信州上田で生まれた信繁は、関ヶ原の合戦のあと、和歌山の九度山で蟄居し、そして大坂城の南につくった砦「真田丸」で華々しい勝利をあげる。豊臣方の勝利の地であり、幸村を勝ちに導いた町、それが玉造だ。大坂冬の陣のあと、完全に埋め立てられたため真田丸の跡は全く残っていない。いったいどんな砦であったのか、なぜこの砦で勝てたのか。実戦経験が少なかった信繁が勝ちえたのはなぜか。「玉造イチバン」では、インタビューや講演をもとに謎に迫る。

大阪城と難波宮。玉造は南東に位置する
大阪城と難波宮。玉造は南東に位置する

玉造は幸村の聖地

玉造は、「大坂の陣」で活躍した真田幸村ゆかりの地である

 豊臣秀吉亡き後、豊臣・徳川両家が激突し、最終決着戦「大坂の陣」が始まる。「大坂の陣」とはどういう合戦であったのか。来年再来年に行われる「大坂の陣400年」とは…。実は「大坂冬の陣」の合戦場は玉造であり、玉造には「大坂の陣」で活躍した真田幸村(さなだゆきむら)ゆかりの場所が残っている。本文を読む

 

阪神梅田本店「大坂ヒーロー幸村と真田十勇士展」レポート

「幸村LOVE」満載、時代を越えて愛されてきたヒーロー

阪神梅田本店8階催し会場で108日から「大坂ヒーロー幸村と真田十勇士展」が始まった。初日、会場で展示を見たり、講演を聞いたりした。慶長20年(1615)「大坂の陣」で幸村が討ち死にしてから現在に至るまで400年、幸村はずっと庶民に愛され続けてきた。それが確認できる展覧会であった。本文を読む


阪神梅田本店で「大坂ヒーロー幸村と真田十勇士」展

大坂の陣は、戦国時代の究極の阪神巨人戦

「大坂冬の陣」にデパートも参戦。梅田の阪神百貨店で真田幸村と十勇士を主役にした展示会「大坂ヒーロー幸村と真田十勇士」が開かれる。甲冑・兜(複製)や、十勇士の武器の展示、人気ゲームのコーナーなどいろいろあるが、なんといっても目玉は「幸村特別興行」だろう。108日~14日の会期中、見たい聞きたい演目が目白押しだ。本文を読む


「天王寺 真田幸村博」《真田丸の陣》開催

真田丸ゆかりの地でコアイベントを11月1日に

今年と来年は大坂冬の陣・夏の陣から400年。幸村をテーマにした「天王寺 真田幸村博」は5月には天王寺公園でプレイベントを行った。11月には真田丸ゆかりの場所、真田山公園でコアイベントを開催する。トークライブ・殺陣パフォーマンス・チャンバラ合戦・戦国グルメをはじめ、盛りだくさんの内容だ。本文を読む


5月4日プレイベント会場で撮影
5月4日プレイベント会場で撮影

「てんのうじ知りたいウオーク ~冬の陣~真田丸と古戦場を訪ねて」

幸村ゆかりの場所をつないで歩く

大坂冬の陣から400年。真田幸村ゆかりの場所を中心にめぐるウオーキングが実施される。三光神社、心眼寺、鎌八幡のほか、真田山陸軍墓地や天龍院、法蔵院など天王寺区の歴史スポットも訪ねるというプランだ。本文を読む


三光神社の抜け穴と幸村像
三光神社の抜け穴と幸村像
真田山陸軍墓地
真田山陸軍墓地

江浦洋さんが考える「真田丸」とは

大坂城大手口を発掘調査した、大阪府文化財センターの江浦洋(えうらひろし)さんは、「真田丸の外堀がもし発掘されたとしたら、おびただしい鉄砲玉が出てくるはずです。(真田)幸村のことですから、敵に堀を渡らせない、徹底防御の堀であったはず。想像ですが、堀の底は堀障子(ほりしょうじ)だった可能性もあると思いますね」。本文を読む

大坂城大手口の堀障子
大坂城大手口の堀障子

千田嘉博さんインタビュー 「真田丸」最新研究(壱)

「真田丸」は攻撃の拠点であり、戦国最高峰の城

 真田幸村が造った出城「真田丸」に新たな視点で調査のメスが入った。奈良大学学長であり城郭史の専門家でもある千田嘉博(せんだよしひろ)さんは、「真田丸は従来言われていたよりもはるかに大きく、勝つための戦略をすべて入れこんだ、戦国最高峰の“お城”です。幸村には、徳川の大軍を相手に、勝てる自信があった」と言いきる。新しくわかった真田丸の実態とは…千田さんに語ってもらった。本文を読む

立ち上がって「こんなふう…」と熱く語ってくださいました


千田嘉博さんインタビュー 「真田丸」最新研究(弐)

「真田丸」での徳川軍の戦いぶりは合戦史上、世界最先端であった

「真田丸」最新研究(壱)で、幸村が当代きっての智将であったこと、真田丸が当時最高の出城であったことを千田嘉博さんが解き明かした。では、対する徳川軍はどうであったか。「豊臣方の幸村もすごかったですが、敵対する徳川方も世界史上、類を見ない高度な戦いぶりを見せました。きわめてシステマチックで、きわめて組織的。『真田丸』の戦いは、戦国のまさに名人戦!」。今まで見過ごされてきた徳川軍の戦いぶりを解説していただいた。本文を読む


千田嘉博さんインタビュー 「真田丸」最新研究(参)

「真田丸」はどこにあったか、発掘するなら“今”がそのとき

「真田丸」研究が進まないのは、現地に証拠となるものが何もないのが理由のひとつ。城郭考古学を専門とする千田嘉博さんは「現地を発掘してみましょう。それが無理ならレーダー探査という手もあります。大坂の陣400年、そして大河ドラマ『真田丸』の放映も決まっています。この機運に乗って、真田丸を掘り下げて調べるべきです」と熱く語ります。本文を読む


「真田丸はどこにあったか?」地元を調査して歩く

真田丸は大きな砦であったという承が地元にも残っていた

「真田丸を発掘したらいいと思います」。千田嘉博先生の口から思いもかけない言葉が飛び出し、目を丸くした。しかし、先生のお話を聞くうちに、「そうだ、発掘!」と、すっかりその気になってきた。天王寺区空堀町に生まれ育った「玉造イチバン」管理人が地元を歩いて、真田丸の調査を独自に行うことにした。本文を読む


真田家14代目、真田徹さんトークショー

幸村から14代目の真田家当主が語る「大坂の陣」

 ゴールデンウイークの54日、天王寺公園で「天王寺真田幸村博」プレイベントが開かれた。メインステージでは「大坂の陣と真田幸村」のタイトルで、真田家14代目、真田徹(とおる)さんの講演があった。幸村の出城「真田丸」の勝因はどこにあったのか? 「大坂の陣」で幸村は敗れたにもかかわらず、なぜその娘は敵方の武将、片倉小十郎のもとに嫁げたのか? 徹さんは「ここだけの話」として、びっくりするような内容を披露した。本文を読む 

幸村公に扮した真田徹さん
幸村公に扮した真田徹さん

2016年NHK大河ドラマ 「真田丸(さなだまる)」に決定

真田幸村の生涯をドラマチックに描く

NHKが再来年の大河ドラマを発表した。三谷幸喜のオリジナル脚本で真田幸村を主人公にした「真田丸」と決まった。「真田丸」とは慶長19年(1614)大坂の陣で、幸村が玉造・真田山に築いた出城の名前。幸村の人気に一層火がつき、玉造が燃え上がること間違いなし。本文を読む

 

 大阪城の兜・陣羽織試着体験コーナーから。

幸村の兜「鹿角脇立付兜」


「真田幸村博」天王寺プレイベント開催

5月4日(日)天王寺公園で、てんこ盛りのエンタメ


 2014年は大坂の冬の陣から400年。天王寺区は「真田幸村博」コアイベントを1112日真田山公園で予定しているが、それに先立ち、5月4日(日)、天王寺公園を会場に「真田幸村博」天王寺プレイベントが開催される。5月4日の詳細が天王寺区広報紙4月号に掲載された。本文を読む

 

舞台「真田十勇士」観劇レポ

「真田十勇士」が舞台化、偶然? 同じ時期に2つが上演

 「大坂の陣400年」、それに先駆け、真田幸村関連の劇が昨年秋から今年初めにかけて2つ上演された。なんと、タイトルが「真田十勇士」とまったく同じ。上川隆也主演の「真田十勇士」は幸村と家康の知力を尽くした対決が見どころ。一方、中村勘九郎と松坂桃李の若手2大スター共演の「真田十勇士」は猿飛佐助と雲隠才蔵を中心に繰り広げる、今風の味付けをした時代劇。どちらも、若い女性が押しかけ、劇場は熱気に包まれていた。幸村ファンの歴女ねらいか?本文を読む

 

「ハンバーガーストリート玉造」プレス試食会レポ

玉造の観光名所となるか、真田十勇士も登場する 

 2月9日からJR玉造駅前で「ハンバーガーストリート玉造」が始まる。それに先立ち行われた2月8日の記者会見に参加した。新聞社のプレス試食会の模様をお伝えしよう。 本文を読む

 

各店自慢の味が勢ぞろい
各店自慢の味が勢ぞろい
笑顔笑顔の試食会
笑顔笑顔の試食会
幸村と十勇士のパネルがお出迎え
幸村と十勇士のパネルがお出迎え

「幸村ロード」で「ハンバーガーストリート玉造」を実施

「真田幸村博」応援企画、3月末までの土曜日曜祝日に

2014年の今年は「大坂冬の陣」からちょうど400年。真田幸村が冬の陣で勝利をあげた、玉造地区にある真田山は合戦の舞台となった場所。JR玉造駅前の「玉造 幸村ロード」では、地元の歴史を広くPRする目的で29日から「ハンバーガーストリート玉造」を行うことにした。特製バンズと具材をそれぞれ購入してオリジナルハンバーガーを作って楽しめるグルメ企画だ。8日には新聞社・テレビ局のプレス試食会も予定されている。本文を読む


「玉造 幸村ロード」に幸村メニューが続々登場

玉造に❝真田幸村観光スポットがついに誕生した

12月発売された「真田幸村かりんとう」
12月発売された「真田幸村かりんとう」

400年前、大阪・玉造の一角で「大坂冬の陣」真田丸の合戦があり、真田幸村は大勝利をあげた。「大坂の陣400年」を見据え、JR玉造駅前の横丁が燃えている。通りの名前を「玉造 幸村ロード」と命名、さらに各お店が創作した「幸村御膳」「勝ちどき丼」「真田十勇士玉」など、幸村メニューが続々と作られている。赤色の六文銭Tシャツを揃って着て、お客さんを出迎えるという。本文を読む

 


三光神社の宮司・小田禮五郎さんが語る“真田幸村銅像”の秘話

幸村の甲冑姿は1枚も残っていない。では、銅像のモデルは…?

 玉造にある三光(さんこう)神社には真田幸村の銅像や“真田の抜け穴”があり、幸村ファンにとって、あこがれの場所。日本各地はもとより、ここ2~3年は台湾・韓国・中国などアジアからも「歴女」がやって来るという。本文を読む


三光神社の「真田まつり」

「真田の抜け穴」を開放。地元ならではのベタな裏話も登場

「大坂の陣」で唯一、勝利をあげたのが真田丸での攻防。その勝利を讃えて行われるのが三光(さんこう)神社の「真田まつり」。2013年の今年は“真田の抜け穴”の開放に加え、子ども用の甲冑を新調。ぴかぴか新品の甲冑を試着できます。本文を読む

当日の様子はこちら

子どもが試着する甲冑を新調!
子どもが試着する甲冑を新調!
三光神社オリジナル甲冑が登場
三光神社オリジナル甲冑が登場

鎌八幡で語り継がれる「大坂冬の陣」の伝承

鎌八幡円珠庵のご住職が語る「真田丸」の位置

 真田幸村は「大坂冬の陣」で、大きなエノキのご神木に鎌を打ち込み、戦勝を祈願したといわれている。幸村に勝利をもたらした鎌八幡のご神木は、今は円珠庵の境内にある。ご住職の喜多妙光さんは「『真田丸』は、ここから三光神社まで続く大きな陣所であったと聞いております」。寺には「大坂冬の陣」についての伝承が語り継がれている。本文を読む

「悪縁断ち」の鎌八幡で今は有名
「悪縁断ち」の鎌八幡で今は有名
歴博に協力出品
歴博に協力出品
戦災から復活したご神木
戦災から復活したご神木

講談師 旭堂南陽(きょくどうなんよう)さんが語る真田幸村

真田幸村は安居神社で討ち死になんかしていない!

 講談で語られる真田幸村は不運のヒーロー。頭もいいし、人望もあるのに、嫉まれたために、細い道に活路を見出すしかなかった。善戦したが最後は討ち死に。いえいえ、実のところ幸村は安居神社で死んでなんかいません。秀頼公を連れて薩摩に逃げ落ちたんです。これ、講談界に伝わっている有名な話です。本文を読む


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。