「ハンバーガーストリート玉造」とは

天王寺区が中心となって企画する「天王寺 真田幸村博」は、54日天王寺公園でプレイベント、1112日に真田山公園でコアイベントが行われる。

 玉造を盛り上げていこうと、「玉造 幸村ロード」では、2月から「ハンバーガーストリート」を行う。パンと具材を自由に買って、オリジナルハンバーガーを楽しもうという企画だ。

 パンの部分にあたるバンズは2種類。一般的なパンのほか、ダイズインターナショナル特製の大豆パンが用意されている。(ともに120円の予定)

バンズを選んで買い、そのあと、好きな店でおすすめの具材を思い思いに買って、自分だけのハンバーガーを味わえる。

【期間】29日~330日の土曜・日曜・祝日の限定企画。時間は1130分~230

【 問い合わせ先】雑穀屋やま元(幸村ロード代表)TEL06-7894-3259

 

販売店舗名と販売商品は以下のとおり(予定)

各店の具材の写真

バンズの販売場所と販売の種類

「ダイズインターナショナル」

大豆パンのバンズ 120

 

「雑穀やま元」                

ハンバーガー用のパン 120

 

具材の販売場所と販売の種類

「大枡」(老舗の海鮮居酒屋の実力発揮!)

3種類 各500

    ブリ照り焼き ②赤天 ③焼き〆サバ 

 

創作居酒屋「美味」(風味あるプルコギとピリ辛キムチ、それに特製ゆずソースが決め手!)

1種類 400

特製ゆず照りプルコギ(キムチ抜きも可能) 

 

「玉造 鮪雄(ゆうゆう)市場」(マグロ卸でセリをしていたマグロの目利きが腕によりをかけ)

2種類 各200円(セットなら300円)

    自家製ツナタルタル  ②鮪(マグロ)バーグ  

 

「三代目まさや」(博多串焼きの専門店。自慢の味をがっつりと)

1種類500

レタスの上に朝引き鶏モモガーリック焼きと長芋スライス、さらに手造りつくねタレ焼バーグを重ね乗せ

 

協賛店として玉造の居酒屋「しぶちゃん」が出店予定

天王寺蕪(かぶら)を使った「バンズ付き天王寺幸村バーガー」を600円で提供する。(昨年11月、天王寺公園で行われた「天王寺蕪収穫祭」で初披露した、人気のバーガー)

 

店頭でお出迎えするのは真田十勇士

 

来てくださったお客様をサプライズでおもてなしするのは「真田十勇士」の面々。十勇士を探して、各店をめぐるのもいいかも。

真田十勇士オールキャスト画像

 

 

 

 


8日にはプレス試食会

「ハンバーガーストリート玉造」を始めるにあたって、28日、プレス試食会が行われる。新聞社・テレビ局・天王寺区長とその関係者を招き、テープカットにあらず、ハンバーガーカットのあと、プレス関係者に向けての試食会を行う。さらに、赤備え甲冑を付けた武者がロードを闊歩したり、真田幸村関連のグッズ販売コーナーを設けたり、お楽しみプランも用意されている。

【日時】28日(土)14:0015:30

 

「幸村ロード」では2月9日から幸村メニューを販売開始



 「ハンバーガーストリート玉造」スタートと同時に、各店が創作した「幸村メニュー」が29日から一斉に販売開始される。

 各店舗が幸村に因んで創作したメニューは、ランチタイムには丼や定食、夕方からは晩酌セット、また、終日楽しめるモダンお好み焼きなどが登場する。味・ボリューム・値段の3拍子揃った、まさにヒーローメニュー。

 ハンバーガーお目当ての方にも、ぜひとも食べて帰っていただきたいと、店主らは声を揃える。

(関連の詳しい記事)

  

 

「玉造 幸村ロード」の行き方は 

クリックすると、「JR玉造駅」からの道を写真で案内 

「JR玉造駅」からの場合

右の写真(赤い風船マーク)の位置が「幸村ロード」入口に当たる。駅から入口まで1分かからない距離。

 

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」の場合、5番出口を地上に上がってくると、日之出通商店街入り口がある。

①百円ショップとダイコクドラッグを見ながら、商店街に入る。

②1分足らずで、左手に、持ち帰り寿司「茶月」と持ち帰りのお好み焼き・たこ焼き「じゃんぼ総本店」がある。

③そのあいだの細い道が「玉造 幸村ロード」だ。


2014日取材)

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。