「玉造 幸村ロード」に幸村グルメが続々登場

最新ニュース(2015年4月)

「B cafe」は2014年秋、閉店。

「玉造鮪雄市場」は2015年4月、新世界へ移転しました。

昨年(2013年)8月19日、JR玉造駅前の横丁にある「雑穀やま元(げん)」の山元(やまもと)茂弘さんと、大豆パン専門店「ダイズインターナショナル」の奥雄一さん、ふたりの店主が大阪市天王寺区の水谷翔太区長を訪ねた。

8月末、山元さん奥さんふたりは横丁のお店に呼び掛けた。「大坂の陣400年」でたくさんの方が玉造に来られる。その方々を我々横丁で“おもてなし”しようではありませんか、と。

JR玉造駅から日之出通商店街への抜け道に当たるこの横丁には30軒近いお店が並ぶ。飲食店が多く、夜遅くまでにぎわう通りでもある。(場所・行き方)

 

玉造駅前で横丁活性化プロジェクト

呼びかけに応じた有志が集まり、横丁活性化プロジェクト第1回の会合が97日に行われた。会合の趣旨が説明されたあと、議題にまずあがったのが、横丁の名前。実は、通りに名前がないため、自分の店の場所を説明するのに、どの店も苦労していた。 

第1回の会合での話し合い
第1回の会合での話し合い

 いったいどんな名前がいいか…。大坂の陣400年に因んで「真田幸村通り」「三光(神社)通り」などの名前が出たが、「長年ここに住む人たちの意見を聞くべきだ」という声があがり、住民アンケートをとることになった。「通りに名前が必要か否か」「名前をつけるとしたらネーミングは?」といった質問が作成された。 

集まった結果をもとに11月、再度、住民アンケートを行った。いくつかの候補の中から最終的に選ばれたのが「玉造 幸村ロード」横丁に初めて名前が付いた

 

名前は「玉造 幸村ロード」、どんどんやるぞ、エイエイオー


JR玉造駅近くに店を構える大枡(だいます)」は今年創業35年、横丁で一番の古株だ。社長の鳥屋尾(とやお)勇さんはこの呼びかけに心が震えたという。「過去何度か先頭に立ってほかの店に呼びかけたこともあったけど、だれも協力者が現れなくて…。1軒がいくら気張ってもたかが知れているけれど、横丁全体が力を合わせれば、元気のいい、繁盛する通りにきっとできる。横丁始まって以来の快挙、ぼくは横丁活性化に全面的に協力する」。「大枡」隣の姉妹店、おでんの店「縁結びもプロジェクトに参画した。

 

2015年4月25日移転

新世界づぼらやの近くで

「新世界鮪雄市場」として

新たに出発。


横丁の真ん中あたりにあるマグロ専門店「玉造鮪雄市場(ゆうゆういちば)は、おととし(2012年)5月にオープンした店。店主の田辺雄三さんは、10年以上、マグロ卸でセリをしていたマグロの目利き。「玉造はいいお客さんが多いと思いますわ。経済的に余裕があって、教育熱心、玉造にはそういういい人たちが集まっているし、勾玉とか真田幸村とか由緒正しい歴史もある。人も町も大阪の中で一番ええ(いい)んとちゃうかな。でもその反面、閉鎖的な町でもあるから、団結とかは苦手かも。横丁で集まって、目新しいことをどんどんやっていったらええと、ぼくは思ってます」

 


細い道をへだてて、「大枡」の斜め前にあるのがお好み焼専門店「風の街。店長の藤本誠さんは「いい話だから加わりたいと思って、本社社長に相談したら、『いいやんか。やったらええ』とお墨付きをもらいました」とにこやかに笑う。

 

志を同じくする7店舗が結集、「大坂の陣400年」盛りあげ隊ができた。メンバーの顔ぶれを見ると、新しい店が圧倒的に多い。横丁活性化プロジェクトは新しい店のヤル気が原動力になっている。

 

各店から「幸村メニュー」が続々と

12月中旬、それぞれの店が、オリジナルの「幸村メニュー」を作り、それを報告しあった。

「大枡」が企画したのはランチメニュー2つと、夕方からのメニュー1つ。

「真田御膳」は6文銭に見立て惣菜6皿
「真田御膳」は6文銭に見立て惣菜6皿
「十勇士チラシ」にはイキのいいネタ10種類
「十勇士チラシ」にはイキのいいネタ10種類

ランチメニューの「真田御膳」は六文銭に見立てて惣菜が6皿、それにかやくご飯と味噌汁。

同じくランチ限定の「十勇士チラシ」は酢飯の上に、イキのいい海鮮ネタ10種類がどんと載る。ヒーロー軍団、十勇士の躍動をご飯の上に再現したという。御膳もチラシも、いずれも850円。

夕方4時から注文できる「六文セット」は、幸村が好きだったというお酒を付けた晩酌セット。日本酒グラス酒(100cc)と珍味6種で1000円。

大枡の店長、鳥屋尾清さんは「『玉造 幸村ロード』の心意気を感じていただけるよう、内容も価格も大盤振る舞いしました」と胸を張る。

 

「大枡」の「六文セット」は夕方からの晩酌に
「大枡」の「六文セット」は夕方からの晩酌に

 姉妹店のおでん屋「縁結び」では薬味6種セット「真田味薬(みやく)」のメニューを作った。ゆずこしょう・ゆず味噌・生姜醤油・洋がらし・おぼろコブ・肉味噌の薬味6種をセットにして150円。ジャガイモや大根などの具材を6つの味付けで楽しめる趣向である。

 

 

姉妹店「縁結び」は薬味6種の「真田味薬」
姉妹店「縁結び」は薬味6種の「真田味薬」

「真田軍団の赤備えが勝ち鬨(かちどき)をあげる。幸村にあらず雪村がそこに参戦」。そんなイメージで作り上げたのがマグロ専門店玉造鮪雄市場」「真田雪村勝ち鬨丼」

味のいいマグロがたっぷり「勝ち鬨丼」
味のいいマグロがたっぷり「勝ち鬨丼」

ご飯の上に赤いマグロがたっぷりと。卵の黄身は満月を表し、勝利に満足! 白い山かけとろろを雪になぞらえ、幸村にあらず雪村としたお茶目な一品。丼にお味噌汁とお漬物が付いて1000円。ランチ限定メニューだ。

 

 


「風の街」の藤本さんが創作した「玉造店オリジナル 真田十勇士玉」は、10種類の具が入ったモダン焼き(そば乗せお好み焼き)。「豚・いか・牛肉・カキ・チーズ・餅・キムチ・コーン・こんにゃく・モダンそばの10

類です。玉造店の自己ベスト5種類を超えた超デラックス版。

味も栄養もとっておき、ボリュームも満点です。これを食べていただければ、しっかり戦えますよ」。

 昼も夜も食べられる終日メニューで1200円。

10種の具が入ったモダン焼「真田十勇士玉」
10種の具が入ったモダン焼「真田十勇士玉」

「B cafe」は2014年秋、閉店。

大豆パン専門店
大豆パン専門店

B cafeでは田原敬久さんが幸村に因んだカクテルを構想中だ。

大豆パン専門店「ダイズインターナショナ」では、「実はこのプロジェクトのために『兵糧(ひょうろう)パン』を作っています。あともうちょっとで完成です」と奥雄一さん。ユニークな発想とそのネーミング、あっと驚くものが出てきそうだ。

 

それぞれの店でメニューはすでにできあがった。これら「幸村メニュー」を1月に横丁で一斉に売り出したいとしている。

 

先駆けで昨年「真田幸村かりんとう」発売

そんな中、ひと足早く販売している商品がある。昨年1210日から「雑穀屋やま元」の店頭には「大阪 玉造 真田幸村かりんとう」が並ぶ。「やま元」は国産の雑穀を販売している店である。「国産の雑穀10種類を練りこんだかりんとうを店のオリジナル商品として作りました。おいしくて栄養価も高い。これは幸村軍団に捧げる平成の兵糧です(笑)」と店主の山元さん。1袋(150g)300円。


「真田幸村かりんと」
「真田幸村かりんと」
国産雑穀の店「やま元(げん)」
国産雑穀の店「やま元(げん)」

六文銭の赤いTシャツを7店舗が揃って着て、お客さんを出迎えたいと言う。横丁には「大坂冬の陣」の幟(のぼり)のほか、「玉造 幸村ロード」の幟を作る話もあがっている。

 

真田幸村や大坂の陣にゆかりのある町・玉造に、ついに“幸村の観光スポット”が誕生した。「大坂の陣400年」でにぎわうであろう玉造。来られた方々に楽しんでもらえるようにと、「玉造 幸村ロード」では今後どしどし幸村関連商品を増やしていく予定だ。

  • やま元 天王寺区玉造元町2-16 TEL06-7894-3259
  • ダイズインターナショナル 天王寺区玉造元町2-12 TEL080-6133-0085
  • 大枡  天王寺区玉造元町3-2 TEL06-6768-9768
  • 縁結び 天王寺区玉造元町3-2 TEL06-6768-9768
  • 風の街  天王寺区玉造元町2-9 TEL06-6768-9660
  • 玉造鮪雄市場 天王寺区玉造元町2-16 TEL070-5657-5443
  • B cafe  天王寺区玉造元町3-2 TEL090-5168-2159 

        (20131220日取材Copyright(C)2013 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

先行発進 

「幸村バーガー」発売!

 

 朝日新聞2013年11月29日号

玉造の居酒屋「しぶちゃん」の店主、渋沢武さんがなにわの伝統野菜「天王寺蕪(かぶら)」を使った「天王寺幸村バーガー」を考案。新聞・テレビ・ラジオで報道されました。

1つ500円。


大阪市天王寺区玉造元町4-10 長田ビル2F

大阪市営長堀鶴見緑地線玉造駅5番口から徒歩3分

TEL 06-6761-1226


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。