「真田幸村博」天王寺プレイベント

5月4日(日)天王寺公園で大々的に開催

 

天王寺区広報紙 2014年4月号 クリックで拡大します
天王寺区広報紙 2014年4月号 クリックで拡大します

盛りだくさんの内容で攻める構え

 

54日の「真田幸村博」天王寺プレイベントは、あらゆるエンターテイメントを盛り込み、楽しめるイベントをめざしたようだ。

歌にゲームに、グルメにプロレス…。老若男女が「幸村」をテーマに、会場を周遊しながら見て食べて歌って聞いて、五感全体で楽しめるように企画されている。

 

時間を決めて、武者行列や演武・殺陣・活劇・コスプレなどのパフォーマンスもある。また、甲冑の試着などの体感プログラムが用意されているのも特長であろう。

 大坂の陣や真田幸村に関心のある歴史ファンのために「幸村トークショー」を、さらに、大坂夏の陣では幸村の本陣となった茶臼山では本陣のロケーションが楽しめるとか。

 

 天王寺区は真田幸村の聖地であることを広くアピールし、歴史観光地として天王寺区を全国に売り出していきたいとしている。天王寺区には、大坂の陣で幸村が勝利した「真田丸」があり、また幸村が夏の陣で本陣を構えた「茶臼山」や、幸村終焉の地である「安居神社」など、ゆかりの地があるからだ。大坂の陣400年を迎えた今、新しい視点で、天王寺区の魅力を再発見してもらおうと企画したのが今回の「天王寺 真田幸村博」だ。

 

実際、「真田幸村博」が、戦国や幸村をキーワードに、来場者の心に何を残していけるのか。そして、プレイベントからコアイベントへとどうつなげていくのか。54日はチャレンジが詰まったイベントでもある。

 

 ★ ★ ★ ★  ★ ★ ★ ★  ★ ★ ★ ★  ★ ★ 

 

天王寺公園で行われるプレイベントのエリアは3カ所。ブースが出たり、テーマを決めてアトラクションやパフォーマンスが行われたり、これでもか~とばかりに盛りだくさんだ。

帰りは「あべのハルカス」で遊んで帰るもよし、新世界で串カツもよし、環状線に乗って玉造にも来て来て!

 

★ブース・ステージエリア(天王寺公園入ってすぐのエリア)

甲冑をまとって歌う音楽ライブ、真田家14代目の真田徹氏のトークショー、戦国グルメに戦国グッズ販売、そして人気の戦国ゲーム「戦国IXA」や「戦国BASARA4」「戦国無双4」もブースを出展する。

 

★アトラクションエリア(美術館付近)

チャンバラ合戦のほか、道頓堀プロレスが幸村博のために企画した豊臣vs徳川の「戦国プロレス」も。

 

★赤備えエリア

大坂冬の陣では徳川家康の本陣、夏の陣では幸村本陣になった「茶臼山」でコスプレイベントや、自衛隊車両の体験試乗会、制服試着、撮影会なども予定されている。因みに自衛隊第36普通連隊のマークは「幸村」、六文銭と、鹿の角の兜を使っている。

 

【開催日】5月4日(日)10時から

【場所】天王寺公園(JR・地下鉄天王寺駅から徒歩5分)

【入場料】天王寺公園の入園料が必要(有料プログラムもあり)

大人150円・小中学生80円(但し、市内在住・在学の小中学生および、大阪市内在住の65歳以上は証明書があれば無料)


(2014年4月3日)
Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

 

 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。