「真田丸顕彰碑」除幕式

 「真田丸」は大阪明星学園の辺りにあったとされていることから、同学園テニスコート外側に2016年2月「真田丸顕彰碑」が設置された。

 2月1日11時から除幕式が行われた。主催者を代表して天王寺区長に続いて、大阪明星学園理事長坪光さんの挨拶があり、同学園中学高校音楽部によるファンファーレを合図に白幕の下から顕彰碑が姿を見せた。予想以上に大きく立派。

 真田丸跡地を訪ねて全国からやって来る方々の観光の目玉になるであろう。

 顕彰碑の場所は大阪市天王寺区餌差町5-44。心眼寺坂の興徳寺前。

関連する詳しい記事 真田丸の場所はここだ!

 

水谷翔太・天王寺区長 あいさつ

真田丸の砦を実感できるビジュアルなものとして顕彰碑の設置を決めた。年明けから大河ドラマ「真田丸」がスタート。天王寺区が脚光を浴びている今、たくさんの方々が顕彰碑を訪ねてくれるだろうと語った。

 

坪光正躬 (つぼこう まさちか)大阪明星学園理事長 あいさつ

学校の敷地にかつて「真田丸」があったことは知っていた。おそらく敷地の半分ぐらいが砦であっただろうと聞いていたのだが、敷地そのものが「真田丸」であったとは…驚いている。実は15年ほど前、部室を作るため運動場の下をボーリングした。すると、盛り土が発見され、これがそれだったのかと当時思った覚えがある。400年前この地で多くの悲喜こもごもの物語が紡がれた。今回顕彰碑を学園の一角に建てることになり、その物語に参加できてうれしく思っている。

 

ファンファーレの合図で除幕


 

真田丸顕彰碑 

大きさ…高さ1750ミリ×横2700ミリ×厚さ800ミリ

…大阪城石垣にも使われている岡山県犬島産の自然石花崗岩を使用。

石碑足元…豊臣家と徳川家の家紋を配す。

陶板…①(向かって右の縦長)「大坂冬の陣」陣立図 ②(向かって左上)「大坂三郷町絵図」 ③「大坂冬の陣図屏風」〝真田丸の戦い“抜粋

碑文(要約)…大坂の陣が勃発するや否や、慶長十九年十月、大坂城に入城した幸村は、大坂城の弱点が南側にあるのを見抜き、出丸「真田丸」を構築した。同十二月四日、「真田丸」を舞台に前田利常・松平忠直・井伊直孝・藤堂高虎ら徳川方の大軍を手玉にとった。「真田丸」の場所については、元禄年間(一六八八年~一七〇四年)に作製された「大坂三郷町絵図」に「真田丸跡」と明示されており、現在の大阪明星学園の敷地が「真田丸」の跡地であることが明らかである。真田幸村はこの場所で徳川方を相手に大勝利を得たのである。

 

大阪城天守閣が監修

 天守閣館長の北川央さんにインタビューしました。

 真田丸の場所はどこか。これは大阪明星学園の敷地を中核にしていたことは間違いない。「大坂三郷町絵図」や「諸国古城之図」といった江戸時代の古地図に「真田丸」の場所が示されており、大阪明星学園が建っている場所だと特定できるからである。しかし、真田丸の形状やその大きさについてはまだはっきりわかっていない。確かなことは、小さな軍勢で幸村が大きな勝利をあげたということだ。

 大阪城天守閣3階では(2016年)明日2月3日から、企画展「真田幸村をめぐる人々」を行なう。幸村と父、兄、そして幸村の生涯と深いかかわりをもった武将たちの文化財をご覧いただける。ぜひ見に来ていただきたい。

 

題字は脇田龍峯さん

脇田龍峯さんは天王寺区出身の書家。天王寺区役所が六文銭ファンドで集めて制作した「真田丸」復元ジオラマの題字も担当している。

 

顕彰碑の場所は心眼寺坂をあがったところ

 手前の寺は善福寺。ここをずっと進んで行くと心眼寺坂。

 

緑のネットで囲まれているのが大阪明星学園。テニスコートが坂道から見える。

 

心眼寺坂を上がっていくと、顕彰碑がある。この写真は昨年(2015)秋に撮影したもの。金網に「顕彰碑を建てます」の予告が貼られている。この場所に彰碑が建っている。

 

金網を通して学園内が見える。幸村が築いた「真田丸」はここにあった。徳川の大軍を相手に激しい戦いが繰り広げられた場所である。

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。