玉造のお宝ショップ

仲野金太郎商店

玉造に、ネコに特化した雑貨店

ねこっかわいがりする人が次々と

 

上)「今日はよく働いた」。金太郎社長、

しばしお昼寝タイムです。

左)自転車の左手が入口


 

 玉造は印象が薄い町だとよく言われる。でも、目を凝らせば、個性的な店も少なくない。今回紹介するのは、ネコに特化した「仲野金太郎商店(なかのきんたろうしょうてん)

 

玉造2丁目の住宅街にあり、ネコに関係する雑貨を集めたお店である。社長は14歳の金太郎。ほか若手社員が2匹。

 

初めて行くとびっくりするかも。しもた屋の古い民家。営業中でも鍵をかけているのは、社長が勝手に出て行かないため。

外から合図してドアを開けてもらう。靴を脱いで、畳に上がると、社長をはじめ社員が自由に動き回り、ときにはお腹を出してお昼寝も。気取らないこの雰囲気と、仲野レイコさんのゆったりとした人柄に、猫好きの人たちはころっと参る。

 

レイコさんは元は本町あたりでお勤めしていた会社員。猫が好きで、愛猫は漫画「サラリーマン金太郎」の主人公から名前をとった。ネコにしては珍しいほど愛想よく、のほほんとした癒し系だ。

 

2007年夏のある日、金太郎を眺めていて、ふと思ったそうだ。「金太郎と一緒に仕事をしてみよう」と。

 

ちょうど次の年2008年は2と8でニャー。干支はネズミ年(子年)で、ネコには有利な年回りであった。

 

店を出すと決めて物件をさがしていたとき、今の店の前を車で通りがかったそうだ。「貸家」の貼り紙を見たご主人が「ここがいい」と言ったそう。

レイコさんは「子どものときに真田山プールに来ていたので、玉造はなじみのある町でしたが、なにもない町だという印象が強くて…。だから、正直なところ、『えっ、ここで店を?』って感じがしました。でも、大阪女学院の通学路だから、女学生さんに期待してこの場所に決めました」

 

ネコに因んだ雑貨を集め、2008228日(にゃーにゃーにゃー)にオープンサラリーマンだった金太郎はこの日から社長に。破格の出世を遂げた!

 

 

ありとあらゆる猫グッズを揃えた雑貨店

作家さんらの手によるオリジナルグッズも

 

 1階の雑貨コーナーには文具・食器・バッグ・小物ほか、ありとあらゆる猫グッズが集められている。中でも、金太郎商店のために作家さんたちが描いてくれたオリジナルポストカードや、窯元の常滑(とこなめ)まで出向いて探し当てた、数々の開運招き猫の置物がおすすめだと言う。

レイコさんと金太郎社長
レイコさんと金太郎社長


オリジナルのポストカード
オリジナルのポストカード

上)「まねき猫」の一部

左)2014年GWのオリジナルおやつ。顔部分はクッキー、肉球はマカロン


 

 創業から6年。そのあいだに、金太郎社長は部下2匹を続けざまに失うという悲しい出来事に見舞われている。

 

 レイコさん自身「うつろで、生きている気がしなかった」。悲しみに暮れるレイコさんを金太郎社長はおどけて笑わせようとしたり、すりよったりして必死で慰めたという。

 

「猫はもう飼わない」と思っていたにもかかわらず、ある日、生まれたばかりの猫を友だちに見せられたレイコさんは、3匹もらって帰ったそう。

 

「家に子猫を連れて帰ると、金太郎があきれた顔をしたんです。『こんなに慰めてやったのに、ぬけぬけと新しい子を連れて帰るなんて…』。そんな目でにらみつけるんです」。

 

金太郎社長は、レイコさんとも子猫たちとも目も合わさず、23日、知らんぷりを続けたそう。

 

「ところが、1匹の子が便秘が続き、しまいにはお腹がパンパンに。私はどうしていいのかわからなくて、金太郎に『お願いお願い助けて』と必死に拝みながら言ったんです。そうしたら金太郎が『ニャー』とひと声。『仕方ないなぁ』と言ったように聞こえました。金太郎が子猫のお尻をなめると、スルスルと便が出てきて…。それ以来、子猫たちは金太郎を親のように慕っています」

 この話を聞いて、笑って、ちょっと涙目になった。

 

 情報番組「よーいドン」をはじめ、テレビや雑誌でたびたび紹介され、今や「仲野金太郎商店」は玉造でも有名だ。

 

 毎年ゴールデンウイークには近くのお店と合同イベント「にゃんにゃんウォーク」も開催。

 

 2014年のGWは、2階で「きまぐれにゃんちゃってかふぇ」をオープン。お茶うけに、作家さん3人が作ってくれたオリジナルのクッキーやカップケーキを日替わりで出している。それを目当てに来る人もある。

 

 「マスコミで取り上げられるようになり、遠くからもお客さんが来てくださるようになりました。リピーターが結構多いかなぁ」とレイコさん。

 

確かに、猫好きにはたまらないスペースだ。

(201452日)

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

 

場所 大阪市中央区玉造2-16-17(JR玉造駅を西へ約10分

電話 080-5708-3358

営業時間 平日14時頃~19時頃/

土曜・日曜・祝日13時頃~19時頃/

不定休(遠方からの場合、来店前に電話を)

 

 


 

まだにゃんあります 

玉造 ネコの店

 

玉造駅前

カフェ&バー

Rose Cat(ローズキャット)」


東成区玉津交差点

自家焙煎珈琲

café  Allegro Gatto

(カフェ アレグロガット)」


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。