「もりのみやキューズモールBASE(ベース)」来春開業

最新記事

近辺住民のために4月25日(土)・26日(日)プレオープン!

詳しくはこちら(2015年4月24日)

 

「もりのみやキューズモール」に入店する店舗が告知チラシを入れ始めた。いよいよ動き始めた。詳しくはこちら(2015年4月11日)

 

「もりのみやキューズモール」に隣接する店舗「エディオン」は4月11日

「セントラルスクエア」は4月14日オープン 詳しくはこちら(2015年4月5日)

 

関連記事

今春スーパーマーケット続々とオープン」(ライフ・阪急オアシス・イズミヤ・

ドン・キホーテ・セントラルスクエアの熾烈な戦い)詳しくはこちら



●2015年2月16日

もりのみやキューズモールBASE」4月27日グランドオープン決定!

詳しくはこちら

2015年4月5日撮影
2015年4月5日撮影

●2015年1月5日

東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店 入会募集スタート

●2014年12月13日新聞折込 (画像クリックすると拡大します)

東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店 近々ネット入会募集スタート

来春オープンする「東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店」は地下鉄森ノ宮駅2号出口から徒歩1分。今朝の新聞折込によると、フィットネスセンター・スタジオ・プールのほか、ホットヨガスタジオ・フットサルコートにスイミングスクール・フットサルスクールなどのキッズスクールも計画中。また、スパ施設も炭酸泉や外気浴風呂も予定している。近々、ネット先行で会員の募集をはじめるようだ。


球場をイメージした外観
球場をイメージした外観
屋上には「エアトラック」設置
屋上には「エアトラック」設置
2014年10月14日現在
2014年10月14日現在


「メイツブラン大阪城公園」分譲チラシから
「メイツブラン大阪城公園」分譲チラシから
地下鉄森ノ宮駅2番出口と直結
地下鉄森ノ宮駅2番出口と直結

 

 近鉄バファローズの公式戦で使われた、森ノ宮の日本生命球場(日生球場)が閉鎖したのが1997年。デイゲームやナイターを見に行った懐かしい場所だ。長らく空地のままであったが、2015年春の開業をめざし大型商業施設が今、建設中だ。

 その名前が「もりのみやキューズモールBASE」と決まった。「キューズモール」は東急不動産が展開するモール型ショッピングセンター。“街はおおらか、人は、ほがらか。”のブランドコンセプトのもと、地元に根差した施設をめざしている。

よく知られているのが2011年オープンした「あべのキューズモール」。ほかに「あまがさきキューズモール」「みのおキューズモール」もあり、「もりのみやキューズモール」は4店舗目キューズモールとなる

 

今回の施設名に「BASE」が入っている理由として、長らく愛されてきた野球場(ベースボール)跡地であることを記憶に残していくため。さらに、生活拠点(ベース)、暮らしの基本(ベース)を支え、健やかな身体づくりの基礎(ベース)となる施設でありたい…そんな思いがこめられている。その思いは建築にも表れている。外観正面は球場の形をイメージしたデザインだ。

また、この場所は森の宮遺跡や難波宮という豊かな歴史に包まれた土地であり、同時にランナーやスポーツ愛好家が集まる大阪城公園すぐそばという立地でもある。そうした特性を踏まえて、「もりのみやキューズモールBASE」のコンセプトは“豊かに生きる、ココロ・カラダ特区”。ココロのために、カフェとキッズスペースを併設した、みんなでつくる図書館「まちライブラリー」をつくる一方、カラダのためにスポーツをキーワードにしたさまざまな企画を実施していくとしている。

建物は地上3階建て。「東急スポーツオアシス」ほか、飲食や衣料のテナントが50店舗入る。あべのキューズモールは250店舗だから、その5分の1のスケール。規模では及ばないが、森ノ宮という地域特性を活かした、個性的なモールをめざす意向だ。地下鉄森ノ宮駅2番出口から吹き抜けを通り、施設につながる。


狭くても個性キラリ、スポーツに特化

「もりのみやキューズモールBASE」最大の特徴は、屋上に「エアトラック」を設置したこと。1周約300mの人工芝のトラックを3レーン設け、大阪城や難波宮を間近に眺めながら300メートルランやウォーキングが無料で楽しめる商業施設にこうした屋上ランニングトラックが取り入れられたのは、これが初めて。

 監修したのは、北京オリンピックの男子リレーで銅メダルに輝いた朝原宣治(のぶはる)さん。同施設のパートナーとして、スポーツコンテンツを企画・実施する「アスリートネットワーク」の副理事長を務めている。

 大阪城公園のランニング拠点としてウェーミングアップやクールダウンに活用できそうだ。

さらに、テナントとしてフィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」と、総合クライミングジム施設が入る。

「東急スポーツオアシス」ParkSpa Fitness”をコンセプトに、フィットネスセンター・ホットヨガスタジオ・フットサルコート・キッズスタジオ・ランニングステーション、それに炭酸泉と外気浴風呂などの温浴施設を揃える。

一方、クライミングジムは、ひとりで登り降りが可能な安全装置オートビレ機4台設置した約12.5mのクライミングウォールがあるほか、急斜面から垂壁まであらゆる傾斜が楽しめるボルダリングウォール(高さ4.5m、幅20m以上)も備えている。

 

隣接地にはスーパーマーケット「ライフ」が

実は日生球場は2分割されている。中央大通りに面した場所に「もりのみやキューズモールBASE」、これが球場の約3分の2の面積。残り3分の1は南西側の一角、そこに立体駐車場とスーパーマーケット「ライフ森ノ宮店」がオープンする。

キューズモールは来年3月、ライフはひと足早く2月開業予定である。

 

近くにはマンションが次々と建てられている。同モール西隣には「メイツブラン大阪城公園」という15階建て113戸のマンションが、同じく来年3月完成する。坂を上って行くと、昨年できた「ファインシティ大阪城公園」がある。493戸の大型マンションだ。人口が増え、商業施設が整い、森ノ宮がにぎわうことは間違いない。

 

では玉造は…。歴史もあり、文教地区というイメージの良さもあり、しかもいいお店がたくさんある。人出の波を南側の玉造に呼び込むために、玉造の強みを改めて見直したいものである。

 

もりのみやキューズモールBASE

大阪市中央区森ノ宮中央二丁目1-2

地上3階/敷地面積 22,929.34㎡(約6934坪)

地下鉄森ノ宮駅から徒歩約1分

JR環状線森ノ宮駅から徒歩約3分

(2014年10月4日、18日追加記事)

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

 

最新ニュース・関連ニュース

4月下旬開業(4月27日グランドオープン)「もりのみやキューズモール」

 今春スーパーマーケット続々とオープン

ィオンもりのみや」4月11日、

「セントラルスクエア森ノ宮」4月14日オープン

「もりのみやキューズモールBASE」すぐ東隣には「森の宮遺跡展示室」が、

西側には「越中井」「聖マリア大聖堂」がある。付近には歴史スポットが満載だ!

●森ノ宮に縄文人が住んでいた! 森の宮遺跡展示室

森の宮遺跡から発掘された鏡には「菊」「桐」「桔梗」の家紋が。明智さんが推理する。「鏡の持ち主はあの女性!」明智憲三郎さん、森の宮遺跡「謎の銅鏡」に挑む

●ヨーロッパに渡りオペラになったガラシャ。なんと、マリー・アントワネットもそのオペラを見ていた。詳しくは「細川ガラシャ祈念ミサ」2013年イベント8月25日項目をぜひ!

●四天王寺は、最初は「玉造岸上」に建てられた。その後、現在地に移転した。

詳しくは明智憲三郎さんと歩く玉造モデルコース「鵲森宮」をぜひ!

 ●大阪女学院にある刻印石、いったいこれは?

朝日新聞10月9日から。元アスリートたちが「もりのみやキューズモールBASE」に「エアトラック」をつくるための企画づくりに参加した。国民のスポーツ離れに歯止めをかけたい、そのため立ち上がったのである。(記事をクリックすると拡大)

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。