「ライフ」玉造店オープン

2014年7月29日(火)9時30分から プレオープン

7月30日(水)9時30分から グランドオープン

参照記事 2015年春スーパーマーケット続々とオープン

2014年4月6日の広告では

「ライフ」中道店の名称でした

JR玉造駅から徒歩3分のところに「ライフ」中道店(玉造店に変更されました)が開店します。2014年4月6日の今朝、オープニングスタッフ募集のチラシや広告が出回りました。



ライフ本社が調査したところ、玉造店の1キロ商圏内には約18千世帯が居住。特徴的なのが、年齢別人口構成では大阪府内全体から見ると20代~30代が多い。また、世帯構成では単身世帯の構成比が高いエリアだという。

玉造店は売場面積約600坪。1階が食料品売場、2階が化粧品・日用品・衣料洋品雑貨・文具・寝具・ペット用品・雑誌など、暮らしに必要なものが1カ所でそろう“ワンストップショッピング”の店だ。しかも朝9時から深夜12時まで営業している。

 


ミニトマトバイキング
ミニトマトバイキング

店内は通路が広く取られ、買いまわりしやすくなっている。

入口にはまず野菜・果物コーナー。産地にこだわってそろえた旬のフルーツ「ひだまりの郷」コーナーや、味と品質にこだわったプレミアムコーナー、またミニトマトバイキングコーナーなどがある。

水産コーナーでは、魚をさばく厨房を売場のど真ん中に作っていることに驚いた。通常は、魚の臭いが気になるので、厨房はガラス窓で囲うなどしているが、玉造店はオープンキッチン。厨房のまわりをガラスケースが取り囲むという、大胆な設計を採用している。魚離れが進む今こそ、店側のこうした積極的なアクションが求められていると思う。オープン当日「イワシの頭を取って、開いてもらえないか」と頼むと2つ返事で応じてくれた。売場のやる気が感じられ、好印象であった。

さらに魚売場ではマグロのコーナーを充実させ、地域一番の品ぞろえをめざすとしている。

畜産コーナーは簡便・即食・時短の「フライパンで焼くだけ」「レンジでチンするだけ」の商品を豊富に品ぞろえしている。

惣菜コーナーにはお弁当や寿司、揚げ物・煮物などが実によく揃っている。厨房はここもまたオープン形式で、お弁当を詰めたり、フライを揚げたりがお客から見えるようになっている。

店舗エリアに単身世帯が多いので、少しの量から選択できる「適量目」や、カット野菜やカットフルーツのような、手間がかからない品々を、できる限り取り揃えていくという。

 

「ライフ」は400店舗・売上高8000億円をめざし、出店を急いでいる。玉造店に続き、12月には清水谷店を、翌年春には森ノ宮店をオープンさせる運びである。玉造一帯はライフが席巻する勢いだ。

関連記事 玉造Newsニュース2014

2014年7月30日)

Copyright(C)2014 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。