玉造とその周辺にスーパーマーケット続々とオープン

最新情報 (2015年5月5日)

1階「イズミヤ法円坂店」5月15日(金)オープン

2階「ドン.キホーテ法円坂店」5月22日(金)オープン、グランドオープン6月25日(木)

「イズミヤ法円坂店」

 中央区法円坂2-1-35

Tel 06-4790-7722

9:00~24:00

鉄骨2階建て 敷地面積4,457㎡/店舗面積(直営〈食品と日用品〉2,223㎡・テナント〈リペアとクリーニング〉48㎡)





 それにしても広い! 国立大阪病院の南隣に位置し、ずっと空地だった場所。オープン日は3月頃といわれていたが、4月だろう、いや5月初め…となかなか定まらなかったが、ようやく5月15日と決定。

 「阪急オアシス上本町店」「ライフ清水谷店」「セントラルスクエア森ノ宮店」に続く、最後の新店。ライバル店よりさらに上をめざし、「イズミヤ法円坂店」にも100円均一の菓子パンが取り入れられるほか、串カツばら売りドライフルーツ詰め放題、また精肉売り場に「新生漢方和牛」「熟成和牛」といった珍しい牛肉も新たに登場。力のこもった新店に期待が高まる。

イズミヤ法円坂店2階

「ドン.キホーテ法円坂」

〝驚安の殿堂”「ドン.キホーテ」は値段の安さと掘り出し物の面白さで人気を集める。現在、全国に300店。次々新店を出しており、勢いがある。

法円坂は店舗面積2,429平方メートル

総合ディスカウントストア「ドン.キホーテ」法円坂店5月22日(金)オープンした。場所は「イズミヤ法円坂」の2階。「イズミヤ」のテナントとして入る。

 「イズミヤ法円坂店」は当初、1階に食料品、2階に衣料と日用品を置くつもりであったと思われる。しかし、2階で採算を取るのは難しいと考え、テナントを急遽探したのではないだろうか。自店とバッテングせず、尚かつお客が呼べる店ということで、「ドンキ」に白羽の矢を立てたのであろう。


ドン.キホーテ法円坂店 6月25日(木)グランドオープン

5月22日から開業していたドン.キホーテ法円坂店、グランドオープンの折込チラシが入った。これまでは”ならし営業”だったのか…。折込チラシによれば、25日から6日間お祭り騒ぎの開店セールを行うようだ。


●「もりのみやキューズモール」に隣接する敷地に

家電量販店「エディオン」4月11日10時オープン

「セントラルスクエア森ノ宮店」ライフの新業態店)4月14日9時半オープン

グランドオープン4月15日(水)9時半オープン 詳しくはこちら

2015年4月5日撮影
2015年4月5日撮影

2015年4月5日撮影
2015年4月5日撮影

 

1階に「セントラルスクエア森ノ宮店」

2階に「エディオンもりのみや店」が入る。詳しくはこちら

最新記事

動き始めた「もりのみやキューズモール」(出店店舗のPR合戦が始まる)

関連記事

4月27日グランドオープン「もりのみやキューズモール」


2015年2月9日ライフ工事現場
2015年2月9日ライフ工事現場

最新情報 

「ライフ」清水谷店 プレオープン 3月10日(火)9時半~

参考記事 玉造Nwesニュース

天王寺区清水谷町5-23 Tel 06-6768-1201



店内マップ
店内マップ

スーパー4つ巴5つ巴「大阪春の陣」

熾烈な客の争奪戦、上町筋の戦い

 

「阪急オアシス上本町店」が22日オープンした。玉造の「近商」「イズミヤ」「ライフ」には平均的な商品しか置いていないのに対して、「阪急オアシス」にはデパート商品や、ちょっとした高級品が並んでおり、グレードの高さを感じた。

310日、今度は「ライフ清水谷店」がオープンした。「ライフ今里店」とも「ライフ玉造店」とも違う店づくりに驚かされた。明らかに「阪急オアシス」への対抗心が見て取れた。

まず、品数が目を見張るほど多い。その中には高級品、今までのライフでは見たことがない商品も置かれている。高級感を最もよく醸し出しているのが2階のお酒売場。さまざまな和洋酒をおしゃれに並べ、ここが「スーパーライフ」であることを忘れさせる。

 

「ライフ清水谷店」は1階全フロアと2階の1部が食料品。2階は他に文具や食器、日雑が置かれているが、衣料品は置いていない。2階にお客を上げるため、清水谷店は大胆な試みをしている。1階奥の、肉売り場の前にエスカレーターを持ってきた。「肉を買ったら、お父さん、今度は2階でお酒でしょ!」というわけだ。いいアイデアだが、カートを押していてはエスカレーターは使えない。レジ前まで行ってエレベーターに乗るほかない。残念…。

 

「ライフ清水谷店」は「阪急オアシス上本町店」に対してライバル心を燃やしている。それがわかるのが魚売場と惣菜売場、パン売場で、あらわに見てとれる。魚売場はお客さんの注文に応じられる対面式。目玉商品も揃え、海を感じさせるコーナーをつくっているところなど、「阪急オアシス上本町店」とそっくり。

惣菜コーナーは寿司やお好み焼き、お弁当など、もりだくさん。味にもこだわり、ポテトサラダのおいしさを試食でアピール。確かに、おいしい!

レジ近くのパンコーナーは面積を広く取り、重点商品の扱い。ヤマザキや神戸屋などナショナルメーカーの商品がてんこ盛り。なにより、ライフの専属ベーカリーショップ「小麦の郷」が扇を広げたような店構えで、クロワッサンやピザパンなどをずらりと並べる光景は「オアシス」の売場を思いださせる。

自転車置き場で会った年配の男性は「オアシスより清水谷のこの店が好きや。広々してて買いやすい」。幼児連れの女性は「パンがお値打ちだから、オアシスのほうが好き」と。

「ライフ」か「オアシス」かと騒いでいるうちに、5月15日には「イズミヤ法円坂店」がオープンする(新情報 イズミヤ2階に「ドン.キホーテ」が5月22日オープン。法円坂はイズミヤ・ドンキの強力な連合軍)上町筋は「ライフ」「オアシス」「イズミヤ」「ドン・キホーテ」の四つの戦いを繰り広げることになる。さらに、この戦いに割って入るのが、「もりのみやキューズモールBASE」と隣り合わせに建つライフの高級店「セントラルスクエア」。すでに新情報4月14日オープンが決定!大々的な宣伝で、ガサっとお客をかっさらって行きそうな…。まさに群雄割拠の戦いが始まる。これこそ「大阪春の陣!」。戦いが激しく熾烈であればあるほど、我々消費者も熱く燃える。特売品を求めて、上町筋を行き来する自転車が増えそうだ。

(2015年3月20日・23日、4月5日・5月5日)

Copyright(C)2015 copyrights.tama-tsukuri.info/All Rights Reserved

2月2日「阪急OASIS(オアシス)上本町店」オープン

2月2日オープン

阪急OASIS(オアシス)上本町店

画像クリックで拡大します
画像クリックで拡大します


オープンチラシをご紹介

阪急オアシス オープンチラシ
阪急オアシス オープンチラシ

阪急オアシス上本町店は生鮮食料品に特化したスーパー。日常使いのお手頃価格から、デパートで売られているようなものや、名前の通ったハイソな商品まで、品揃え豊か。見てまわるだけで楽しく、このあたりのスーパーの中では高級路線といえよう。オープン間もないからか、試食もいろいろできた。中でも感動ものは、100円均一のベーカリーコーナー。作っているキッチンもガラス越しに見ることができる。こうしたライブ感もまたいい。

これが100円パン。ボリュームもあり、味も良し
これが100円パン。ボリュームもあり、味も良し
オール100円(税別)のパン売場は行く価値あり!
オール100円(税別)のパン売場は行く価値あり!

 

空地があれば、マンションが建つ。そういっていいほど、玉造には新しいマンションがどんどん建っている。ここ数年、JR環状線玉造駅の乗降客数の伸び率は著しく、6駅(京橋・森ノ宮・玉造・鶴橋・桃谷・寺田町)の中で最も増加率が高い。文教地区という環境のよさに加え、駅近にはスーパーも商店街も揃っていて、便利さが魅力となっている。

人口増加に伴って、昨年夏にスーパー「ライフ玉造店」が、このには「ライフ清水谷店」がオープンする。

自転車で行ける近辺にもスーパーマーケットが続々とオープン。「阪急オアシス上本町店」「イズミヤ法円坂店」、さらに「もりのみやキューズモール」の隣にライフの新業態「セントラルスクエア森ノ宮店」が、同じくこの春開業する。

その背景にあるのは、マンションの新築で、新しい住民が増えていること。

玉造は住宅地が中心であったのに対して、上町筋や谷町筋はもとはオフィス街。コンビニや持ち帰りのお弁当屋「ほっかほっか亭」はあっても、スーパーなどはまったくない環境であった。景気が悪くなり、倒産や撤退が増え、オフィスビルの空き室がうまらないようになったころから、古いオフィスビルが取り壊され、マンションに変わっていった。しかし、まわりには商店街もなく、スーパーもなく、新しい住民は買い物難民といった状況であった。

一方、スーパーマーケットは、大型店舗で集客しようとすると、場所も費用もかかるため、新店舗を増やしていくのは難しい。そこで、都心部に食品専門の中型店小型店をつくり、売り上げを稼ごうという流れが出て来た。需要と供給が一致した今、新店ラッシュにつながった。

(2015年2月2日)

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。