四天王寺たまつくり苑「納涼祭」

昨年に続き2回目、ゲームや唐揚げ・花火など

近隣の家族づれで大にぎわい

2013年83日土曜夕方から、JR玉造駅南側にある「四天王寺たまつくり苑」で〝納涼祭〟が行われた。昨年に続き2回目。クチコミで広まったこともあり、今年は18時の始まりと同時に、近所の家族連れが次々と来場。昨年をはるかに上回る220名近い参加があった。

ゲーム・飲食・花火・盆踊り、すべて無料!

景品もバラエティ豊か
景品もバラエティ豊か
子どもたちが大好きな唐揚げも
子どもたちが大好きな唐揚げも
水鉄砲射的はこんな感じ
水鉄砲射的はこんな感じ
ソフトクリームには長い列待ちが
ソフトクリームには長い列待ちが
輪投げも大人気
輪投げも大人気
四天王寺たまつくり苑 納涼祭
屋上では盆踊りも

 「四天王寺たまつくり苑」の納涼祭は、1階ではヨーヨーすくい・マスコットすくい・輪投げ・水鉄砲射的などの縁日。2階は唐揚げやチヂミ・ソフトクリーム・ベビーカステラ・ジュースやビールなどの飲食屋台。7階屋上では花火のほか、今年初めての試みで、河内音頭の歌い手に「八尾まつり家会(やかい)」、踊り手に「大五連」を招き、盆踊りが行われた。

 

 1階では子どもたちの歓声が響きわたり、2階は作る人食べる人の熱気でムンムン。職員の皆さんが汗だくでカステラやチヂミを焼く一方、近畿大阪銀行のボランティアスタッフ25名が会場の案内係を務めた。

 

 昨年も来たという女性は「去年子どもたちが喜んだので、今年は一番乗りで来ました」

 お孫さんを連れた男性は今年初めて来たという。「初めて中に入ったが、結構広いね。それに清潔で、きれい。花火を見に来たのだが、1階も2階もすべて無料なのに驚いている」と感想を話す。

 

井上寛基さん(右)と加藤温子さん
井上寛基さん(右)と加藤温子さん

 

「老後は安心と思ってもらえれば」

(井上さん)

認知度高め、

地元で認められる存在めざす

「何でも相談してくださいね」

(加藤さん)

 平成9年に建った「四天王寺たまつくり苑」はJR玉造駅を出てすぐという最高の立地。

 

 四天王寺福祉事業団が運営しており、「たまつくり苑」では特別養護老人ホーム・ショートステイ・ケアハウス・デイサービス・訪問介護・ケアプランセンターなど、高齢者を幅広くサポートしている。

 

 昨年から、地域住民に向けた納涼祭を始めたのは、地元の人たちに「たまつくり苑」をもっと知ってもらいたいという思いから。

 

 施設長の井上寛基さんは「すぐ近くにマンションが建って、新しい住民さんが増えました。施設の中に足を運んでもらうには、お子さんと一緒が早道。納涼祭は親ごさんやお子さんに『すぐ近くにこんな施設がある』とアピールするのに絶好の機会です」と語る。

 

 副施設長の加藤温子(あつこ)さんは「昨年の納涼祭では、利用者のお年寄りの方々が、小さな子どもたちを眺めながら、とてもうれしそうにされていたのが印象的でした。平生は静かで落ち着いた雰囲気なんですが、年に1回、こうした活気ある時間があってもいいのではないかと…」

 

 ゲームや飲食の屋台の費用は年間運営予算に組み込んでいるため、すべて無料。

 

 「すぐ近くに、たまつくり苑があるから、老後は安心と認めてもらえるようになりたいですね。何かあれば気軽に相談に来ていただきたい」と井上さん。

 

 加藤さんは「一般の方に向けてヨガやネイルの講習会も開いています。また12月には外壁などを電飾でデコして〝たまなり江〟なるイベントもしています(笑)。地域との連携を深めていきたいと考えています」

 納涼祭は来年も8月に行う予定。 

 

 「たまつくり苑」に

 尋ねたいこと

 相談したいことがある方は、

 気軽に連絡を

 

 

 

2013年8月3日取材)

Copyright(C)2013 copyrights.tama-tsukuri.info/AllRights Reserved 

 

社会福祉法人四天王寺福祉事業団

四天王寺たまつくり苑

大阪市天王寺区玉造元町129

TEL0667634115

http://www.shitennoji-fukushi.jp/tamatukurien/

 

 

 


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。