大阪女学院、公開講座にヤノベケンジ氏を招く

1月の講師ヤノベケンジ氏
1月の講師ヤノベケンジ氏
2010年の公開講座には姜 尚中氏も
2010年の公開講座には姜 尚中氏も

大阪女学院のウヰルミナ公開講座

2014年第1回はヤノベケンジ氏

震災復興のため現代アートができること

 

大阪女学院は8年前から一般の人たちを対象にした公開講座を開いている。今年(2013年)からはウヰルミナ公開講座と名称を改め、東日本大震災や原発問題をテーマに据え開催している。

公開講座の窓口を務める生涯学習科の酒本(さけもと)孝子さんは「震災や原発というと、専門用語や難しい話がでてくると思われるかもしれませんが、易しい言葉を選び、また映像を使うなどして、わかりやすい講演を行っています」とその特長を説明する。

 

2014年の第1回の公開講座は現代美術家ヤノベケンジ氏を講師に招く。

ヤノベ氏は話題作を次々生み出す、現代アートの旗手であり、京都造形芸術大学の教授でもある。最近ではビートたけし氏とのコラボ作品が有名。結婚式場という空間を作品にした新作のインスタレーション「太陽の結婚」では、ステンドグラスのデッサンをたけし氏が担当。愛知県美術館を会場にした展示作品でありながら、実際にここで挙式が行われた。夏の瀬戸内芸術祭2013では、たけし氏の発想を8メートルの巨大彫刻作品に仕上げている。

また、吉本ともコラボし、来たる2月には「吉本新喜劇×ヤノベケンジ」を上演するなど、テレビや新聞で話題を集める‟時の人である。

 

関西出身、語り口は軽快にして、発想ユニークなヤノベ氏だが、作家としての核は「難しい社会問題を現代アートで易しくひも解くこと」。その代表作品ともいえるのが「サン・チャイルド」だ。東日本大震災に直面し、アーティストの自分にいったい何ができるのか、悩みぬいた末、生みだされたモニュメントである。「サン・チャイルド」は阪急南茨木駅前に恒久的に設置、以降、現在に至るまで福島や世界各地を巡

回している。

今回の講座は「サン・チャイルドができるまで」のタイトルで、ヤノベ氏がいったいどういう思いをこめてサン・チャイルドを制作したのか、そこに行き着くまでの過程、およびサン・チャイルドの果たす役割などが語られる。

酒本さんは「サン・チャイルドは東日本大震災から再生・復興していく人々に希望と勇気を与えています。現代アートには社会に発信できる表現力がある。それを一般の皆様に知っていただきたい」

「大阪女学院の公開講座では、平和と人権にかかわる困難な課題を生活レベルの視点で考えていく、それを

上の写真がサン・チャイルド
上の写真がサン・チャイルド

企画の根っこに置いています。今回は『希望』をテーマにしています。ヤノベさんのお話を聞き、一人ひとりが自分のことばで 考えてもらいたいと願っています」

学院の中学・高校の生徒たちにも参加をすすめているそうだ。「大学の使命は教育・研究、そしてもうひとつは地域貢献です。玉造の皆さんにもお越しいただきたい」と話している。

 1月に行われるヤノベケンジ氏の講演のあと、続けて翌2月には第2回公開講座を予定している。美術評論家・南嶌(みなみしま)宏氏が「私を導いた祈りの美術―ヒロシマ、アウシュヴィッツ、ハンセン病、そして東日大震災から」と題して講演を行う。

「非常に視点の鋭い方です。負の歴史を世界回復の導きとして受け止め、芸術表現の意味を根本から見直されています。興味深いお話が伺えますので、ぜひこちらも」

 

南嶌宏氏
南嶌宏氏

公開講座は無料。申し込みはメールかファックスで事前に予約を

 

1 ヤノベケンジ講演会「サン・チャイルドができるまで」

【日時】111日(土)開場1300、開演1330

 

2 南嶌宏 講演会「私を導いた祈りの美術―ヒロシマ、アウシュヴィッツ、ハンセン病、そして東日大震災から」

【日時】28日(土)開場1300、開演1330

 

1回・第2回共通

【場所】大阪女学院ヘールチャペル(中央区玉造22654

【問い合わせ】大阪女学院大学 Tel 06-6761-6063

【申し込み】メール kk06@wilmina.ac.jp

 専用申込フォームwww.wilmina.ac.jp

   ファックス 06-6761-9373

【申し込み締め切り】1回目1225日(水)、2回目131日(月)。締め切りが過ぎている場合は電話で問い合わせを。

 

 

ヴォーリズ設計のヘールチャペル
ヴォーリズ設計のヘールチャペル

大阪女学院へは

●JR環状線「玉造」下車、西へ500メートル、空堀町交差点を北へ(徒歩12分)

●地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」1番出口を西へ(徒歩5分)


大阪女学院の関連記事もご覧ください。 刻印石 日めくりカレンダー ① 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。