細川ガラシャ生誕450年祭×上智大学創立100周年記念行事

玉造で行なわれる「細川ガラシャ祈念ミサ」

細川元首相ご夫妻もミサに列席の予定

300年前、ウィーン宮殿で

「ガラシャ」のオペラが上演された!?

 

玉造には細川ガラシャが最期を遂げた細川屋敷跡の遺構「越中井(えっちゅういど)」があります。すぐそばにはカトリック玉造教会があり、玄関には高山右近(うこん)と細川ガラシャの石像が立っています。実は、300年前ウィーンでガラシャを主人公にした音楽劇が作られたというのです。いったいまたどういう経緯で…? 上智大学創立100周年事業でカトリック玉造教会で行なわれる「ガラシャ祈念ミサ」。上智大学とガラシャとの関係は また当日のミサには細川元首相ご夫妻も列席される予定だそうだが、そのつながりは…?

 

  ミサ当日の様子はこちらを

写真6枚のうち、下段の左2枚以外はカトリック玉造教会

玉造にある、細川家屋敷跡の越中井
玉造にある、細川家屋敷跡の越中井
ガラシャ記念碑
ガラシャ記念碑

最新情報 2015年3月まで聖マリア大聖堂は耐震工事のため見学できません。


耐震工事は予定どおり終了しました。


玉造「越中井」は細川屋敷跡 

ガラシャが非業の死を遂げた場所 

カトリック玉造教会のガラシャ石像(右)
カトリック玉造教会のガラシャ石像(右)

 戦国時代の女性の中でも細川ガラシャほど波乱に満ちた人生を送った人はいないでしょう。

 本名は「玉(珠)」。父・明智光秀は本能寺の変で主君・織田信長を死に追い込んだ〝反逆人〟。そのため、夫であり戦国大名であった細川忠興(ただおき)の元から丹後の山奥へと移り2年間幽閉されます。

 やがて、大坂屋敷の細川邸に戻ることを許された玉はキリシタンの教えに魅かれ、密かに洗礼を受け「ガラシャ(ラテン語で神の恵みの意味)」の教名を受けます。

 1600年関ヶ原の戦いに出陣した夫の留守中に、ガラシャは敵方に人質として捕えられようとしますが、これを拒否。家来に命じて胸を槍で突かせ命を絶ちます。

 玉造にある「越中井(えっちゅういど)」は細川家の大坂屋敷跡。ガラシャは屋敷に火を放って自害したといわれており、井戸は唯一残った遺構です。

 

パイプ数2400、西日本最大といわれる、

聖マリア大聖堂の巨大なパイプオルガン

 

黄金の国から来た、強いヒロイン

 ガラシャの壮絶な「殉教死」を目にしたイエズス会の宣教師が侍女の証言や手紙などをヨーロッパに伝え、その資料をもとに、ガラシャをモデルにした音楽劇「勇敢な婦人」が1698年作られました。

 イエズス会司教が脚本を書き、売れっ子作曲家シュタウトが作曲。初演は、マリーアントワネットの実家であるウィーン・ハプスブルク家の宮殿内ホール、しかも当時の皇帝・レオポルド1世の王妃の記念祝いに演奏されたそうです。信仰に生きたガラシャの生き様が賞賛されたといわれています。

 


300年の時を超え

ガラシャ音楽劇の楽譜が見つかった

 1698年に書かれた台本や原譜がウィーン国立図書館で発見されたというニュースが入ってきたのが20年ほど前。それを研究し復元したのがソプラノ歌手であり、沖縄県立芸術大学教授でもある豊田喜代美さんです。その豊田さんがカトリック玉造教会 聖マリア大聖堂で8月25日に行われる「祈念ミサ」においてガラシャのアリアを奉納します。

 

縁がつながり実現したミサ

地元玉造の皆さまもぜひ

 今年はガラシャ生誕450年の年。「祈念ミサ」が執り行われる825日は新暦でのガラシャの命日に当たる日です。
 会場となるカトリック玉造教会はかつての細川家屋敷跡。ガラシャが過ごした場所です。
 教会に入ると、日本画の大家・堂本印象画伯の手による3枚の壁画が迎えてくれます。その1枚が「最後の日のガラシア夫人」です。

 

 今回の「祈念ミサ」は上智大学創立100周年記念事業の一環です。

 しかし、上智大学とガラシャとはいったいどういう関係なのでしょう…。

 

聖マリア大聖堂の正面。右の壁画が「最後の日のガラシア夫人」、左「高山右近」。下の写真は「栄光の聖母マリア」。(国際協力の日に撮影)。


 上智大学 大阪サテライトキャンパス長の松本信愛(のぶよし)先生によれば

「上智大学はローマ・カトリック教会に属するイエズス会を設立母体としています。今回の企画はガラシャの信仰生活に関わってきたのがイエズス会士であったことや、音楽劇の成り立ちにこれもまたイエズス会士が大きく関わっているなどの、歴史的なつながりで実現したものです。またさらに、細川忠興の子孫、細川家18代当主で元首相の細川護煕(もりひろ)氏と佳代子夫人が共に上智大学の卒業生であるというご縁もあります。当日のミサにはご夫妻揃って列席される予定です」

 

 なるほど、そういうことだったのですね。

 たくさんの縁がつながって実現した生誕450年「ガラシャ祈念ミサ」が、越中井を守ってきた玉造のこの地で行われます。

 松本先生は「地元の皆様にもぜひ参列していただきたい」と話しています。

 

ガラシャ人気の兆し、

大河ドラマとなるか…

細川家屋敷跡にあったといわれる井戸「越中井(えっちゅういど)」が聖マリア大聖堂近くにある。(関連記事「豊臣時代の玉造」 )(高山右近列福祈願)(明智憲三郎さんと歩く玉造モデルコース)(明智憲三郎さん、森の宮遺跡「謎の銅鏡」に挑む

 東京の東洋文庫ミュージアムではガラシャをテーマにした特別展を3月~7月まで開催。

 8月にはカトリック玉造教会で「ガラシャ祈念ミサ」、また、12月には東京で、翌1月には京都・長岡京市でガラシャのオペラが上演されます。そして来年11月には京都府宮津市にガラシャ・忠興をイメージしたゆるキャラデザインの銅像が建立される予定だとか。

 さらに、細川ガラシャをNHK大河ドラマにという動きもあるといいます。

 死してまたドラマチックなガラシャです。 
 当日の模様はこちら

 


カトリック玉造教会でのミサの詳細

【日時】2013年8月25日(日) 1730分~19時 (開場は17時)

【会場】カトリック玉造教会 聖マリア大聖堂

【参加費】無料。自由に参加可能

【問い合わせ】上智大学大阪サテライトキャンパス(06-6450-8741)

 

細川ガラシャ祈念ミサ.pdf
PDFファイル 1.9 MB

●参考

朝日新聞2013717日夕刊/「共に生きるガラシャ夫人」豊田喜代美エッセー

 

2013年7月24

Copyright(C)2013 copyrights.tama-tsukuri.info/All Rights Reserved


カトリック玉造教会

http://www1.ocn.ne.jp/~catholic/

大阪市中央区玉造2丁目24-22

Tel 06-6941-2332

JR「玉造駅」から徒歩約15分

地下鉄「玉造駅」1号出口、

西へ約10分

 


玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。