大阪ジュニアバンドによるパレード
大阪ジュニアバンドによるパレード
最後の締めくくりは阿波踊り
最後の締めくくりは阿波踊り

和太鼓とパレードでスタート

遊んで食べて、親子連れでにぎわう

 

ひがしなり街道玉手箱」の玉造のイベントとして第4回「玉造ふれあいフェスティバル」が2013年11月3日、東小橋北公園で開かれた。

10時半からステージでオープニングセレモニー。北中道和太鼓クラブ「飛童」が勇壮な曲「水軍」と、伊勢道中音頭の「うかれ」でフェスティバルのスタートを盛り上げた。

  その熱気を引き継いだのが大阪ジュニアバンド。バトン部と金管バンド部が東小橋北公園から今里へ、さらにゴールの今里新橋通商店街へ向けてパレードした。バトンの軽やかな動き、金管バンドの重厚な響きに魅せられ、ジュニアバンドを追っかける人の姿も見られたほどだ。

パレードは行く先々で大人気
パレードは行く先々で大人気
オープニングは勇壮な和太鼓で
オープニングは勇壮な和太鼓で

北小橋公園の会場では、11時から縁日ブースやフード屋台、ステージのパフォーマンスでにぎわった。輪投げや玉入れ・駄菓子コーナーに子どもらが群がり、焼鳥・ホルモン・フランク・カクテルなどの屋台にたくさんの人が並んだ。

今回のフェスティバルの目玉はなんといってもビンゴ大会。3DS・自転車・バリスタマシーンなどの豪華景品、さらに司会進行役はボクシング元世界スーパーフライ級王者の徳山昌守さんとあって、大勢が集まり参加した。主催のTMJ(玉造街おこし実行委員会)の会長、高山元秀さんによれば、300名近い人たちがゲームに参加したという。運悪く、ゲーム開始すぐに小雨が降り始めたが、少少の雨など、ものともせず、興奮の渦に包まれた。ゲーム終了後は徳山さんから景品を受け取り、記念撮影も行われた。

最後は、雨の中、予定どおり阿波踊りも行われ、第4回のフェスティバルを締めくくった。

ビンゴの豪華景品の数々!
ビンゴの豪華景品の数々!
ビンゴ景品授与は徳山昌守さんが
ビンゴ景品授与は徳山昌守さんが

3日のこの日の天気予報は「曇り、夕方から雨」。思わしくない天気もあって、昨年と比べると、参加者数が少なかったように見受けられたが、小さな子ども連れの家族を中心に11時から閉会の16時まで人出が途切れることはなかった。

ただ、玉造の住人の中にも、「ふれあいフェスティバル」を知らないと答える人は結構多い。イベントの告知を地元玉造で徹底すれば、もっとたくさんの人が誘致できると思われる。来年の新しいアイデアにも期待したい。

 

玉造の最寄駅

JR環状線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造元町1-40

地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」

大阪市天王寺区玉造本町1-2

「真田丸」はここだ! 玉造地図

大阪歴史博物館が推定した真田丸跡をめぐりながらお店めぐりも。

愛用のカメラとICレコーダーです
愛用のカメラとICレコーダーです

玉造イチバンの管理人です。私は玉造で生まれ育ち、今も玉造に住んでいます。たくさんの方に玉造を知ってもらいたく、2013年2月にこのサイトを立ち上げました。玉造を盛り上げる情報を発信していきたいと思っています。